<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

どこにも奇麗な三角形は見えなかった

引き続いて またチラッとサッカー日韓戦の後記。

今日になって選手の談話っぽいのが各メディアで報じられて来てる。
その中で

本田は速攻を、俊輔はその逆を、互いに方向性として意見を述べてる。

なんであんなに全体に間延びしていたか?
俊輔が調子悪いって事考えても、選手全員の距離、位置、全てが悪いってのは理解出来なかったけど
2人の試合後の上記の発言にてちょっと紐解けた。

岡田監督と俊輔は「なるべく失点をしない」ってのを勝利の最短だと捉えてる。
ボールを奪っても攻め急ぐ事なく、キープの時間が長ければ長い程、その間は失点のリスクがない訳で。
バルサのボール支配は得点のため,日本のそれは失点しないため。

んで本田は「イケイケ」的な発想。
それに影響を受ける選手も出て来る。

プレスをかけてる時の日本の選手のポジショニングが完全にずれてるのはきっとそう言う事が原因だな。




で、個人的に思うのは
俊輔をサイドで使うのは。。。
特に4-2-3-1のサイドに置くのはメリットよかデメリットの方が明らかに大きい。
スピードが必要な守備は出来ないから実質右サイドSBのと右ボランチの負担が増す。
攻撃では右サイドで俊輔より前にポジション
取れる選手が少なくて俊輔のパスコースが減る。
パサーからパスコース奪ってどうする?。
これが4-4-2ならFWの1枚が右サイドに流れ、俊輔のパスコースってか方向が前、横、後ろって選択出来るけど、4-2-3-1だと前に居ないからバックパスや横パスばかりになるって道理。

ま、結局は選手がどう動くか?って判断なんだけど、結局は個を活かし切れてないって事だね。

他にもサイドの選手。
サイド適正ってのがあって、例えば右利きでスピードもあってドリブルの上手い選手は右サイドに位置させれば相手ボールにされる危険性を低くしながらドリブルでボールを前に運べる。
逆サイドに置くなら中に切れ込んでシュート。
そう言うのが上手い、もしくは向いてる選手がサイドの選手。

今野の右SB?可哀想ですね。
持ち味を出せるポジショニングではないのに出て非難されたり、能力を存分に使わせてもらえなかったり。
阿部も同じく、CBも出来るけど、それはアジアレベルでのお話。
フィジカル考えたらCBは無理。
ボランチでゲームメイクに長けた選手。
それにしても、岩をどうして出さないか?


さて、ちょっと出ただけで、簡単ではないシュートを枠に飛ばして能力を魅せた森本と、解ってはいたけど、そこそこ長友は戦えるってのが収穫。

って事で
FWに森本
あとは松井、本田、長谷部、
んで稲本、今野ってのがみたいな、俺は。

本田を俊輔に代えても良いかな,調子が戻れば。


つーか、次の試合は上手に説得して中澤休ませんと、フィジカルもメンタルもボロボロに見える。




んー、、、、問題点は見えても改善策が見えないってジレンマ。。。
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-25 16:19 | 10 WCに向けて!

陣取りゲーム

今日の試合

日本vs韓国 0−2

とにかく目についたのは、ポジショニングの悪さ。

あとは適材適所がなってない。

って事で、弱いって事だ。


んでも一つ心配なのは、今回の敗戦でますます「勝利」を求める流れになる。
マスコミもファンも。

で、ピークを次のイングランド戦、コート・ジ・ボアール戦に持って来て本大会でボロボロ。。。
前回のWCの二の舞が怖い。


んで、日本が強豪に善戦するのはなんでか?って言うと
出来る事が「守る事」に限定されて、選手のすべき事が簡素になるからだ。
って事で、まだ日本はボールをキープしつつ相手のカウンターも警戒するって器用な事が出来る程
サッカー脳が鍛えられてはいないのだ。
サッカーの場合明らかに「守る」よか「攻める」事の方が難しい。


良く例える将棋も、先ずは自陣の陣形を整える。
んで歴史在る戦法の陣形は、守りにも攻めにも利く配置を取る。



守備(プレス)が崩壊しているチームに攻撃を期待する事は不可能。
日本は弱くなった。
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-25 00:27 | 10 WCに向けて!

拝啓

ご無沙汰しておりました

先日は久方の連絡にも快く応じていただきまして
強く敬意を感じます

前に送っていただいた時 実は我が家の台所 水が出ない状態で 自炊が出来なくなっており
せっかくのご好意をいただく事なく冷凍庫。
未だ眠っておりますので、賞味期限を気に未だその味を知らず
感想を送れぬまま、時の流れに記憶を無くしておりました。

その類いを予想されての今回のお気持ち、その気遣いに感心したのです。
腐りませんし(笑)ずーっと使えますね。
しかもわたくしの好みのど真ん中でございました。

失礼にも等しい行為のあとに 貴方の好意を受けたわたくしは
最近の風の流れを更に加速し
幸せ者だと多くに感謝出来 強さの意味を知るのです。

そしてわたくしは今、気持ちを込めて 貴方の未来を祈るのです。



「孫と畑と家族と仲間で末永くおもろい余生を送られますように(笑)」


つーか、ええ家庭の系譜引き継ぎ済んだんやから、もうええ加減仕事やめて孫と遊んでたらええんやない?

ともあれ おかげでこちらはええ風吹いて来たので

そっちはそっちでええ風を沢山!.


また電気便りします...





いっきゅう.
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-23 00:42 | 髪切り小屋

わお!

なんで今週だけこうも忙しい?

先週はめっちゃ暇だった(笑.

ともあれ、ありがたし.
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-22 12:32 | 髪切り小屋

砂漠にて

サバンナの海辺で 労いを伴う歌声

乙女のささやきは やがて艶やかさに満ち

蠍達はお互いの毒針で 互いに抱き合う

ジレンマの海をクロールする姿は月明かりの下

支配者は賛美歌を歌いながら薬付けになり

脱落者は陶酔の行く先に待つ太陽にすがりつき

救世主は世にはびこり過ぎてリアルを忘れ

天使達は自らを正義とし 悪魔達を脅かす



正しいも間違いもそこに本質などあるはずもなく

惑う事こそあるべき姿と

右から3番目の星が囁いてた
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-21 23:01 | 光と闇

夢の中で

風の街でのろしを上げ

夜の闇で影を祈り

光の中でまばゆく光りて

三歩進んで ふと立ち止まる


清らかなる残酷に陶酔し

したたかな繊細を纏う事を好み

濡れて光る下弦の月に

世捨て人の本能を疎う


息吹きにもにた静寂と

煙る独房で宴を開き

そう それは 永遠の 下の 近未来

異質なる同胞は 一対をごく当たり前に形成し

こころはきっと そらに帰るよ
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-16 01:38 | 光と闇

代表発表から一夜明け

FC東京の石川が落選してヴィッセルの大久保が入った。

この事から岡ちゃんが思うサッカーってのが垣間見える。
ってかきっと出場国全て、メンバー発表は監督のメッセージに置き換える事も可能だろう。

まず「先取点を与えない」ってのが岡ちゃん及び南アフリカWC日本代表の最重要ポイント。
実際日本の実力では先取点を奪われて守られたなら、、、終わりって言っても良いと思う。
そのために得点力、攻撃力に秀でる石川よりも前線からのプレスをかける一員として大久保の方が計算は立つのだろうって納得する事が出来る。
個人的には数年間得点のない日本代表のアタッカーなんて要らないって思う。
が、先取点を奪われない事を再重要視するなら、大久保も理解出来る。
まぁ個人的な事を言うなら石川に高い位置で張らせておいて、相手のサイドバック、サイドハーフの抑止力にするって発想もあるけど、WCに出て来るアジア以外の国に対して抑止力になり得るか?と考えると、やっぱり理想論だなぁと。

ってな事で 先ずは「先取点を与えないサッカー」ってのが岡ちゃんが一番重要とする、てのは選手発表にて示した決意表明。
アタッカーである選手にも守備能力や守備に対する意識を重要視するって事から
日本はワントップが基本と予想する。
まぁ攻撃的な印象を与えるなら4-3-3って表記も可能だろうけど実際には両サイドがサイドハーフかそれ以上の守備意識でポジションを取るだろう4-5-1がベースになって、左サイドに大久保なら4-4-2にも容易に変化出来る。
松井の場合はFWとしては未知数ってか松井はやっぱりサイドに張って活きるって事から、おそらくスタメンは松井ではなく大久保が基本になると考えられる。

ここも個人的な考えを書くとすると、松井の守備力も自分は凄く評価してるのだけどね。
松井の守備力を示すのにリプレイでよく使われる、アフリカ系の選手を後ろから巧く身体を入れ替えボールを奪いそのまま攻撃に繋げたプレーが代表的だけど、日本の選手でアフリカ系の選手相手に一対一でボールを完全に奪える選手が何人居るか?
他に思い付くのは長谷部と稲本しか居らず、岡ちゃんにはスタメン大久保ってのに執着されずに、対戦相手によって使い分けて欲しいなと。

カメルーン戦のスタメンは、アフリカ系が多く所属するフランスリーグで慣れてる松井。
オランダ戦はとにかく守り倒しって事と、運良くカメルーン戦で勝ち点1でも取れてたなら、主力を休ませて5-4-1って感じで大久保には走り回ってもらって、危ないところでカード貰うくらいのファールで止めてもらおう。
因にディフェンスは今野 釣男 岩 駒野 MFに 大久保 稲本 長谷部 阿部 ,,,まぁかなり守備的な選手で固めてって事であとのメンバーはまぁ、、、サイドの駒が足りない訳だ(苦笑)。
で、いくら守っても負けるだろう,オランダには。
最後の対戦相手になる可能性の高いデンマーク戦は、勝ち点1を取ってたとするならもう総力戦!
しかもオランダ、カメルーンほどは敏捷性には劣るから日本が誇る小兵部隊、玉田、岡崎、大久保、中村けんちゃんなんかが活きるだろうし、どう使うか?。
とは言え、デンマークはロングボールを日本DFラインの裏にほり込んで、選手がなだれ込むって戦術が自分たちにはより効果的だってのは確実に解ってるだろうし、キック&ラッシュ対小兵の戦い!って事になるんだけどね。
んで将棋に例えるならデンマークは飛車、角だらけで、日本は歩(涙)。
だがしかし、将棋の世界では「歩のない将棋は負け将棋」って格言もあるくらいな訳だ。
華がない事は否めないけれど。
オランダ戦は休んで中8日で挑める選手が4人程居てたりするなら期待して応援出来るのだけれど。。。

まぁそうは都合良くは行かないか?
けど、実際にカメルーンから勝ち点1穫れれば、より多くの戦い方が考えられて面白く観戦出来るんだなぁ。


あとは
カメルーン、オランダ、デンマークって対戦相手がどのような戦術で来るのか?
スカウティング担当と岡ちゃんとスタッフで、細かいディティールを詰めて行くのだろう。

岡ちゃんが目指すサッカー。
賛否両論あろうけど、目指すサッカーってのはぶれなくて良いと思う。

あとは本当に細かいディティールをどれだけ詰められるか?
無駄なダッシュでスタミナ切れを起こさないようにするためのポジショニング、選手間の距離、各ラインの距離感と上げ下げ、プレスをかける位置、攻撃時の約束事、ゴールに飛び込むのか、飛び込まずに待つのか、、、

確実に今までで一番期待感の少ない今回の代表だけど、自分的には上に長文書いてるように
今まで以上に戦術やら戦い方に思いを廻らせる事が出来る、楽しいWCではある。

ドイツ大会なんて、戦術も何もなかったもんな、選手発表の時点でスタメンとサブがハッキリしてたし、当時のジーコは今の岡ちゃんよりも正直能力下だったろうからね。

ともあれ、来月の今日にはオープニングゲーム!!!
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-11 14:19 | 10 WCに向けて!

GWを振り返る

えー、、、
何だかんだでGWはずーっと仕事してました。

日によっては1日にカット1人だけの日なんかもあったけど
たまに屋上行ってホッコリしたりしながら、結局は7連勤なんて言う珍しい事もあったり。
滅多にない7連勤なれど、GWでお出かけ用にお急ぎってお客さんも喜んでくれたので良かったなと。

4日夜には狙ってたパーティもあったのだけど
7連勤目を翌日にひかえ疲労感もたまってた事もあって我慢。
んで6、7と遅いGWをもらいましたけど、、、めっちゃ寝れた(笑。

昨日今日とも忙しくさせてもらえてたのだけど
やっぱしもっと先のレベルに行きたい訳で、もっと頑張らないとなーと。

ともあれ、仕事にめんと向かうって感じのGW
仕事くれる人 どうもありがと!
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-09 21:27 | 髪切り小屋

KARA日本進出

タイトル通りで
yahooのトピックスに上がる、、、

まぁ、K-popはクオリティ高くてびっくりするんだろうなー

って事で、SNSDファンの俺を笑ってくれた人達も観て聴いても良いと思うんだけどなー

韓国語の韻を踏んだように聴こえる響きとか面白いから。
ってかダンスもみんな上手いし。



ここで一句、、、




SNSDが

日本に来るなら

俺 参加



テヨンはカッチョよいし可愛いし歌メッチャ上手い
マンネ(末っ子の意)は可愛いしスタイルいいしダンスも歌も上手い
ヨナは踊らせたら四肢が長いから一番映えるわ、それでもって、、、可憐だ(笑


つーか劇団ひとりがテレビでファンを公言して日本での知名度は上がったけど
そこはSNSDやろ!?






b0041152_104869.jpg

[PR]
by trequartista5 | 2010-05-09 00:58 | 雑談

守備

今回の雑誌「number」はサッカーの監督特集なんだけど

うーん,,,とても面白い。

特に「守備的」とかって意味の解釈の違い。
現代サッカーにおいては「守備=攻撃」が同義になってる。
あのカペッロ現イングランド代表監督ですら世間では守備的と言われている事も認識しては居るモノの
勝つための守備=点を取るための守備って事になる。
当たり前っちゃー当たり前な話なんだけど
バルサの話の中で「実はそれほど各選手走ってる訳では無い」って言葉が出て来る。
勿論シャビ,イニエスタなんかは12キロ走ってるとかってデータも在るけれど
結局は「合理的な守備が出来るように早い目にポジションを修正しているので無駄なダッシュは少ない」って事が言いたいのだと思う。

現代のサッカーって、レベルの高い国やクラブチームに限ってはきっと守備に対する認識ってそうは離れてはなさそう。
その中で、一点取ったらプレスをかけ始めるラインを低くするチームも在れば,高い位置のままで戦うチームもあるって言う差。

あとは相手チームと自チームとの力関係とを見極めてディティールを詰める。

例えばバルサとアーセナルはチーム哲学が浸透していてボールポゼッションサッカーに向いた選手を育てたり、穫って来たりしてるし
イタリアのチームは後者、一点取ったら守りながらカウンターを狙うって戦い方が得意ってな感じだけど,そこは両者目的は「点を取って勝つ」事に他ならず。

つー事で、細かく繋ぐサッカーってのも重要だけど、そのためには然程激走を繰り返さないですむサッカー脳を鍛えるしかないのだけど、、、
なーんか日本ってそう言う攻撃と守備をまだ別に考えてるような気がする。

細かく繋ぐサッカーってのは それをされても奪えるチームが実践出来る。
要はポジショニング。

そう言うところで 日本代表が大化けする事を願いつつ。


そろそろ各国 代表メンバー発表時期。

日本の冷め具合をよそに いよいよ本番モード突入。
[PR]
by trequartista5 | 2010-05-04 17:35 | 10 WCに向けて!