<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

閑話休題

http://nogomet.cocolog-nifty.com/hrvgo/2007/11/ne_daj_se_svabo.html

http://nogomet.cocolog-nifty.com/hrvgo/2005/09/post_e323.html
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-30 15:45 | 10 WCに向けて!

つーか日本人って

自分に出来ない事は人に任せて勝手に期待して

期待を裏切られると仇のように責めるのな サッカーにせよ なんにせよ

マスコミばかり批判している僕らも

実際マスコミに依存してる証ではあるね

マスコミって言うよか情報にな

直接自分に出来ない事 直接自分の事ではない事の 応援と批難 の違いは

いたるところで最近見えて来たなぁ 自分の近くでも。

んー...サッカーってやっぱし人生のようだぁ...(自分で勝手に感心w
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-29 14:41 | 10 WCに向けて!

で、いよいよ

さて、昨夜の続き.


フェネルバフチェで結果を残しつつ在る事により
無能ではないって事を「戦犯ジーコ」と思っていた日本のサカファンに知らしめようとしているジーコ。
そのジーコのもたらした恩恵とは?...

ジーコのサッカーは「基本能力はあって当たり前」ってのが前提なのか?
日本人はテクニックがあるって良く言われる。
それは世界の共通認識っぽくて、有名な外国人監督なんかも日本をそう評価する。
あとは敏捷であるとかかな。
で、日本人(俺も含む)は本当にそう思い込む。
能力が高く、経験に因る自信を持った選手ならきっとジーコの目指すサッカーでも結果をそこそこ残せたのだろうけれど、ドイツで僕たちに見せつけられたのは...

テクニックに優れていても、本気の試合のテンションの中では活かされなければ、それはテクニックがあるとは言えない。
動きが俊敏だと言っても、経験したことのないプレッシャーを受けて後半から動けなくなるってのは機敏とは言えない。
そう言った事を誰もが望まない結果で知らしめてくれたのがジーコなんだろうと。
ジーコ以外の監督は、選手ありきの戦い方,トレーニング、戦術であったとも思える。
そう言いきれるなら、ジーコ以外の監督は、みんなその時その時の日本選手にあったコーチングをしていたように思う。

さてオシムはと言うと
日本サッカーの今までの軌跡や、今の選手達、今後も急変する事のない日本選手の能力なんかを考えた上での目指すべき方向の一つ。
オシムの良く言う「過度な期待が落胆を生み出す」ってのは正にってな感じで、現在の日本代表ってのはWCに出れるのか出れないのか?ってところが現実。
なのにマスコミ及びサカ人気を盛り上げたい人達に因って創り出された「WCでベスト8!!!」とかそっちばかりが先走ってしまって、本来の力を見失う。
話が少し逸れてしまうけれど、日本人の力で短期間で3試合、しかもガチってのは...
確実に能力不足だと思われますな。
良い結果を残して欲しい!良い試合が見たい!ってのは勿論誰もが願うけれど、願うのと盲目的に信じてしまうのはまた違った話。

オシムは日に日に少しずつ、良くなっているらしい。
良かった。ホンマに。
よその国から見れば異常なプレッシャーで身体壊してしまわれたわけだから
僕らサカファンにも責任がないとは言えないような気がしてる。

例えばイングランド代表監督がそれ相応のプレッシャーを受ける事は選手達の経験や、歴史を考えれば仕方がないと思う。
けれど、今の日本代表でWC出場を手に入れる事が出来たなら万々歳な結果であるって認識しておかないと誰も監督を引き受けてくれないのではないかな?と。

そう言うのも考えると日本代表監督が誰になるか?で浮き足立つ前に
浮き足立ってるサカファンが落ち着く事が優先事項かと思う。

リヴァプールのサポーターを本当にカッチョ良いと思う。
ユーロを逃し、 再開一戦目のアウェイ戦。
戦犯としてアウェイの猛烈なブーイングの中
彼らはずっとジェラードを支えてた。

今回の代表は、正直「中田ヒデクラス(世界レベルで中の上)」が居ない訳で
実際に僕はWCを逃す可能性が大きいって思っている。
そんなチームを応援して、もしも予選で敗退しても、僕は選手にも自分にも拍手を送れるようになりたいと思うな。

ま、そんなふうに僕の目を覚ましてくれたのがジーコの功績( 笑
日本代表の、日本のサッカーの本来の姿を露骨に魅せつけてくれたのがジーコの功績。
ある意味、もっとも「日本サッカー界に貢献した監督」と言えるようにならないと
勿体無いなとも思うな。

で、そう言うの(どう言うの?)踏まえて
次は

やっと
「次期監督は誰がふさわしいか?」

あー...
長かった。。。やっと次でオチだ。
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-29 14:31 | 10 WCに向けて!

意識が少し回復しつつ在るらしい

このままさくっと回復される事が一番!!!
正直、次の代表監督候補よか重要(個人的には)
とにかく、時間がかかろうが、なんであれ回復してくださるように祈ってますよー

で、この前続くって書いたから続けて。。。

オフト ファルカン トルシエ ジーコ オシム

この5人(しか浮かばない)の外国人監督はそれぞれやっぱしそれなりの貢献をしてくれてると思う。
オフトは「トライアングル」ってポジショニングの元になる事と、「アイコンタクト」っての。
トライアングルってのはその名の通りで、選手が三角形になるポジショニングをとれって事で、(いつも)数的有利な状況を狙う。
この頃の報道では主に攻撃的な指導のように伝えられていた記憶が在るのだけれど、攻撃は「相手の型を崩す」のが狙いで、そのために△が自ら崩れる訳で解りにくいかも知れないけれど(見慣れてる人なら簡単な)、守備の時こそこれが凄く重要やったりするのはチェルシーの守備時の陣形なんかに顕著で「さて、自陣に戻って守備」って時なんか、実際うっとりするくらい。
で「アイコンタクト」ってのも基本で、在る意味声を出すってのは当時の代表は出来てた感じも在る(ゴン、カズ、ラモス、柱谷、井原なんかだからね)、その上でアイコンタクトを「練習でもなんでも意識づける」ってのは今の代表にも活かされているのかどうか?ってのは...実際こんな感じのところで勝負してはりますわなー世界の上の方は。

ファルカンは凄く短くまとめるけど、正直あんまり覚えていないw
凄く難しい時期に就任して、更迭も早かったって事くらい。
後に日本代表になるブラジル人に対する「未来への警告」だった?ってのは結果論。

トルシエは結果を最重要視で、その時の「ごく少数以外は個で劣るチーム」でも結果を残せるサッカーとはどう言うものか?を知らしめてくれて、実際にそれなりに結果を出した。
02WCのトルコ戦でスタメン変更って誤算は在ったけど、それは博打に敗れたってだけだと思うし、きっと負けたのは...選手が監督の期待を裏切ったって事になるのだろうなと。
実際に監督はトーナメントでは勿論勝ちに行くのだからねぇ。

さて、次回はいよいよ、フェネルバフチェにて結果を残し日本人に再び問題提起を投げかける在る意味最重要人物「悲劇監督」ジーコ登場!!!
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-28 22:04 | 10 WCに向けて!

12月6日に

オシムさんには先ずは回復を優先してもらう為に後任監督を...
ってのは解る
んでそれが12月6日あたりに発表って流れらしい。

で、今はまだ入院中のオシムさん。
近年まれに見る「支持率高い」監督。
サッカー界のみならず、オシム語録とかで一種社会現象まで。
僕の思うところから分析して、次の監督の理想を考えてみようかと。。。

オフト ファルカン トルシエ ジーコ...

近年の歴代外国人監督の中でも断トツでオシム支持者は多いと思われる。
その根拠はやはり「サッカー眼」と言うか「サッカー感」と言うか。
サッカーをゲームとして冷静に観れてるのだと思う。
そしてある集団に最も適したサッカーを実践させるための練習法も練習法として難解にして的確なんだろうなとか。
そんで、ジーコ以外ではそこそこした成長を見せていたって事考えると、自由に縛られたジーコのサッカーよか規律に縛られたトルシエなんかの方がって事考えると、日本人は戦術理解力には長けているのかも知れない。

以上から、俗に言うヨーロッパ的なサッカーを得意とする監督って事に。

続く
b0041152_1441214.jpg

[PR]
by trequartista5 | 2007-11-25 01:40 | 10 WCに向けて!

金曜の夜に

トイレでぶっ倒れたりしておりました(マジだマジだ

年に一.二回平均で冷や汗と共に気を失うって事が在るのだけれど

今回はきっと...ま、いろんな事が重なってたのだろうと


明日から、ぼちらぼちら行きますわ

お客様の皆様、ご迷惑を(ぺこり

では、おやすみなさい
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-21 03:50 | 髪切り小屋

どうか

よほどの奇跡が起きぬ限り

あなたが想い創ろうとした 日本らしいサッカー

今後 続きを観たいと願う事は

命を奪うに等しいのかもしれません

言葉もろくに通じない異国の地で倒れ

薬に因って長時間眠らされ

夢に見るは遠きサラエボの地?

どうか目を覚まされて 故郷の地に足を自ら踏まれる事を


で、
実際の所 オシムのサッカー観、トレーニング方法などを最も知っている(べき)のは現代表コーチであり、オシムの教え子たちであり、アマル・オシム現千葉監督なんだろうと思う。
オシム監督の目指して来たサッカーに「近い形」で追い続けるなら、先に書いた人たちの誰かが暫定監督なり監督なりにならないと....いきなり岡ちゃんとか、オシェックとか話題に上がっても「本気か!?ギャグか!?」って...けどサッカー協会の考える事だからあんまし笑えない。

オシムの目指して来たサッカーを追わない と決まったなら
実際誰に可能性が在るのか?
日本人監督?
海外から招聘?
どちらにせよ、僕にはだーれも考えられませんわ、現実的に。
非現実的妄想に走って、例えカペッロ、モウリーニョ、そしてSexyfootballでおなじみ、フリットwなんかが代表監督を何が魅力か引き受けてくれたとしても、今から準備してサッカー感なんかががらりと変わって果たしてそれってどうなんや?と。
意外に日本人選手って戦術理解力が異常に高くって、今のサッカー+守備力超アップ(アジア限定)なんて事になってくれる可能性がない事はないのがカペッロとモウリーニョってか絶対にない。

ん〜..............................................................................................................

実際協会がどうするか決めるんだから
その時に俺らは好きな事ブーブー言うてたらええんやけどね

とりあえず 今一番日本に必要なのは
海外のトップリーグで通用するような監督とか、コーチとか「選手ではない」人たちの育成ってのが実は一番早急に取り組むべき事なのかもしれない。

個人的には今のスタッフに大熊コーチやったっけかアマルを監督に置いて、オシムにはスーパーバイザー@サラエボの実家からwebで互いに中継連絡。

けど、やっぱし岡ちゃんかオシェック辺りで落ち着くのかな?
ユーロ予選敗退チームから誰か引き抜くサプライズ?
Jから誰か引き抜くオシェックおとりで実はペトロヴィッチ?

とにかく どうか 生まれ故郷の大地と空気を感じられるくらいには 最低でも回復してくださいます事だけは本気で祈っています。







 
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-21 03:44 | 10 WCに向けて!

やっと落ち着いて来た

昨日まで、実は何にもしてない
なにもする気にならなかったし、正直、落ち込んでいました

落ち込んで当たり前だと思って、心おきなく、へこんでた。
昨日、少し外に出てみた。
外に出てる間も「帰っても蘭丸がいつもみたいに出迎えてくれる事はない」って事ばっかり考えるだろう事は解っていたけれど、それも修行と思って、あえて出てみた。
帰って来た時はやっぱしきつかったけれど、いつまでも現実から逃げてちゃいけない。
昨日の夜は普通にご飯を食えるようになった。
テレビをちゃんと「観れる」ようになってた。

今日から仕事に復帰しようとも思ってたけれど、今日は行けなかった。
お客さんにも迷惑がかかるから出ないといけないのだけれど
蘭丸にも怒られるやろうし、親父にもおかんにも怒られるね、こんなに弱っちぃなら。

今年はかけがえのない命を2つも失ってしまって
体調面、精神面、思い切りバランスを崩して、仕事にも支障が出た。
けれど、明日から気持ちを切り替えて頑張って行こうと思う。

自分がまた弱らないように、ここにちゃんと書き残しておく。

蘭丸君、共に過ごした4か月、俺は凄く幸せやったよ。
天国で幸せになってくれよ。

ってこんな事書いてるとまたへこんで来たけれど、それも解っていたし、乗り超えないといけないね。
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-16 15:58 | ?

蘭丸君

めちゃくちゃ可愛かった
めちゃくちゃ大事に想ってた
蘭丸もなついてくれていた

昨日の夜 急に ホンマになんの前触れもなく
逝ってしまった。。。

今は、実感がない
けれど、今も「ぶーにゃー」って近づいてくる事はない。。。
これから先も、もう、ないらしい。。。

正直 何がなんだか解らない。。。
なんにもする気にならない 何をして良いのかも解らない。。。
悲し過ぎて この感情を自分で理解出来ない。。。
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-12 17:52 | ?

例えこの身が朽ちても

良きも悪きも 人の気が

充満している雑踏の中 常日頃

メディアが司る狂気をはらむビジョン

政治が生み出す 無責任な操作

それならいっそ わたくしは 森をかっ飛び抜け出して

ぽつんと立ったりしたいのです

例えば 大きな湖畔の側にて

雪と空っ風に厳しさを知り

柔らかな光線の心地良さで目を開き

梅の季節のしずくや 夕立と二酸化炭素 

集まる虫達のパラダイス

台風の頃の紅色に魅了され

来るはずの次に備えて実を作る

良いか悪いかどうでもよくて

例えこの身が朽ちたとしても

木の実だけは朽ちぬよう

たったそれだけの願望を

何に願えば叶いましょう?

森羅万象この世の中は

全て 本来 思うがまま 気の向くまま

解って...いるはずなのですけれど

例えば好みの違いと言い放たれても

納得すれど違和感は この身朽ちるまで残りましょう?
[PR]
by trequartista5 | 2007-11-09 04:40 | 光と闇