<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おっす!俺 元代表監督!

昨シーズンは就任して直ぐにリーグタイトルを奪った男...
そう、元代表監督ね!
みなさん、ご無沙汰ー!!!

日本代表はアジアカップですっ転んだらしいわねー
しかも一人退場ってハンデまでもらっても、まーたしても無得点だったんだってねぇ〜(笑
ほんっとにねぇ もう同情しちゃうわねー
其れに比べて此処の選手は素晴らしいわよ!
おまけにコーチ陣も凄いの!
なんだかね「欧州と南米は違うから」って専門のコーチ陣が全て考えてくれるのね!
で、私は選手に伝えるだけ!ってね?凄いでしょ!?
まあ、わたしも馬鹿じゃないから解ってるわよ!
わたしは自らのカリスマ性だけを保っていれば良いのね
そう言う使い方って感じの柔軟性が日本人には無かったって言うねぇ...
今だからこっそり言っちゃうけど、実はカピタンにはちゃんと助言したのよ!
「コーチ陣にベンゲルかテンカテを呼ぶべきだ!」と。。。
って事で、みんなカピタンが悪くて、私の責任ではないの!
解ったら、これからの日本代表が「如何にして点を穫るか?」を議論なさい!?
あ、そうそう、この前オシムに偶然逢っちゃってねー ? 何処でって?
あれは確かー....オシムの部屋の前で(笑
勿論、偶然よ!オートロックがたまたま開いてね、マンションの住人と一緒に入ってたの、で、オシムの部屋番号のドアの前で立ってたら偶然出て来たの!
いや〜、もうびっくりよ!偶然って言うか奇跡じゃない?
オシムの部屋の前には今までにも7回くらいは行ってたんだけど、まさか出て来るとは思わないわよねー
だって、ドアの前に立ってる時間なんてたかだか長くても8時間くらいしか立ってないのに、その時は運命の悪戯を感じたわ、、、
あ、そうそう、オシムに尋ねてみたの、日本代表は今後強くなるのか?ってね
そしたらこう言ったわ
「わたしは日本代表監督を必死にやっているので暇はないが、神様はさすがに違う。ただ、神様が居ないとフェネルバフチェの選手たちも寂しがるだろうから早く帰った方が良いのでは?」
と。。。
そして肩をポンポンと叩いてドアを閉めた。。。
感動しちゃったわ 
私のチームの選手を気遣ってくれたなんて。。。
で、感動してね、思わず部屋のポストに手紙を入れて帰ったの。
もちろん返事用のメルアド入れてね(笑)
そしたらある日携帯にメールの着信音(♪
内容は一言「GOOD LUCK」
もうね、メル友よ!!!
みんなもうらやましいでしょ?
その後もしょっちゅうよ!
返事?ちゃんと来るわよ!!!
それがさっすがにオシムねー
こっちが送信してモノの数秒で返信が来るの!!!
ボスニア語か何か知らないけれど、読めないんだけど、なんか直ぐに返事来るから嬉しくって毎日20通くらいやり取りしてるわよ!!!

やはり本物同士は惹かれ合う運命!!!

じゃ、日本の皆さん、良いFWとSBが現れる事を祈ってるわ!
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-29 22:52 | おす!俺 元代表監督!

出れないかもしれないねぇ

んー...
今回は観た。
眠たくなるのをこらえて観ていた

日本のやってたサッカーは「ディフェンディングチャンピオン」の戦い方?
明らかに「強者」のサッカーやったんやと思う
が、日本はそれほどは強いくはなかった
ってな感じだろうか?

ボールを回して、サイドから崩しにかかる

出来ていたと思う
崩しにかかるって事はね
でも、崩してはいない。
崩せるかもしれないって状況で日本は後ろにボールを下げるのだねぇ
確かにFWでヘディングがべらぼうに強いって選手は日本にはいない
高原も全てがバランス良く「そこそこ高いレベル」ってくらいだ。
で、カウンター食らうのを怖がってるってのも解る
クロスの精度が低いってのも解る
だからと言って、クロスを上げれるタイミングで殆ど後ろに下げるパスを選ぶってのは、はっきり言って「無駄走り」の延長になってしまっていた訳だ
で、いざと言う時には疲れからか「居るべきところにいない」や「より精度の低いクロス」って事になるし、相手のDFもサイドをそこそこえぐられても怖さはそれほどないだろうね

FWの得点力不足とかミドルシュートが少な過ぎるとか色々な問題が在るとは思う。
でも、早急なのはSB!!!
良いクロスが上がってこないなら、いくらFWが中で準備をしていても決められるチャンスは少なくなるのは道理
んでFWも「無駄走り」ばっかりでは「疲れ&気持ちのノリが落ちる」って悪い流れが連鎖するのも道理

選手は「良くやっていた」のだとは思う。
想像も出来ない暑さと、AFCの運営能力の不備などなど考えたら良くやっていたって思うし
今回のアジアカップで4位ってのはそれほど悪い結果とは思わない
ただ、残念なのは「良くやっていた」けれど「良く戦っていた」とは思いたくても思えないってところだねぇ

きっともう「監督が」とか「交代が」ってところではなく、日本人って事がサッカーにおいては問題なんだろうねぇ

さて、協会の偉いさんがどう出て来るのか?
凄く不安ですな。
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-29 17:48 | 10 WCに向けて!

観てないんやけど(大笑

負けてしまったらしいねー

で、何やらかなり出来が悪かったようで。

動けてなかった とか 足が止まった とか 選手は疲れていた とかってのを目にする。

オシムの言う「選手は疲れていた」ってのは、サウジもより疲れてたで在ろう事は知ってる上での発言なのだから、「自分の責任」って事を言いたかったのかもしれない。
ただ、オシムがただ漠然と「言い訳」するとは思えないし、買い被り過ぎか?って思うところも在るけれど、かなりマイナーな言語な訳で通訳通すと完全には伝わってないような気もする。
ま、前日会見で「負けたら自分の責任」と言っていたくらい、負けるとは実は思っては居なかったかもしれないけれど、実際に負けたのだから責任を取って、10WC予選までは確実に日本を強化してもらおう。

で、この4戦(観たのはGL3試合)での共通した長所は「回せた」って事だねぇ
回させられてた、って類いの感もあるのだけれど、実際暑過ぎる訳で「なるべくボールだけを動かす」って事でああ言う「チンタラしたような展開」になる事も作戦だったとも思う。

で、短所はと言うと
長所から「仕掛け」ってパスが少な過ぎる。
確かに暑いけれど、もっとチャレンジしてくれないと、って言うか、俊介、遠藤辺りは、やっぱしかなり「分析しながら」って感じがする。
戦ってはまだ居ないみたいなところを感じてしまうんやけどね。
羽生とか短い時間だとしても実際に動けてる訳で、俊介、遠藤は「出し手」としての特性に重きを置いてそれをより活かす為に分析って。
オーストラリアに勝って気が抜けたってのもあるけれど、今回のアジアカップの日本代表って、オーストラリア以外とは戦ってはいないで、みんなが手探りで研究しながらやっていた とすら俺には見えた。

オシムは「美しい日本らしいサッカー」的な発言をするし、敗戦後も「日本はエレガントなプレーでよりチャンスを創っていた」と言ってるように、負け惜しみとも 本意とも受け取れる発言をしてたけど、負け惜しみだとしたらの場合を考えると、オシムはスタメン、サブも含めて今回のメンバーで勝てると試算したのだ。
が、負けてしまった。
さて、ここからは自分たちで考える時間。
オシムに聞ける機会は無いからね。

誰を外せ、とか、どうのこうのではなく「オシムは今回のメンバーで『アジアカップ』を穫りに来た!」とするなら、今後はどう言った選手を呼ぶのか?ってのも考えると面白い。
対人プレーに強いDFが急務って事を考えると、今野、田中(マ)、中田(コ)、稲本、坪井なんかを試しながらDFブロックを再考するかもしれない。
「創る選手」で在ろう俊介と遠藤のコンビは悪いとも思わないけれど「突ける選手」の不在を考えるとどちらかに変えて 松井、田中(達)や、羽生、サントス、将来的には梅崎とか。
勿論、今回のメンバーで「呼びたかったけれど、間に合わなかった」選手も多いだろうし、元々は海外、国内の数名はオシムの「これから」にも入ってたと思う。
そして、今の俊介、遠藤コンビを続けるなら、ケンゴはもっと走れる選手にならないとポジションチェンジや飛び出しに鋭さは生まれない。
いじるならいじり倒しそうなところがオシムには期待してしまうので楽しみなのですけれどね。
CFに高原、セカンドトップに梅崎、左に松井、玉離れの良いサントスw、右に俊介、ちょっと下がって稲本やケンゴ、で底には鈴木や今野や守備選任、左SBに中田コ、ボンバー、田中マルクス君、右カジ、駒野。。。
的なのも見てみたいねぇ(うっとりw
で、俊介、松井、梅崎とかが入れ替わって一人はベルカンプ的なくらい攻撃寄りってのも(同うっとりw

あ、そうそう、SBはどの国もそうだけれど、日本には世界と対等に戦える選手は居ないと思う。
調子の善し悪しにも因るけれど、実際、世界ってレベルではそんな事言うレベルではない訳で、韓国には実際プレミアリーガーも居てる訳でレベルは高そう。
って事で、韓国にも苦戦すると思えるねぇ

ともあれ、欲しい選手も明確にオシムには見えてるだろうから、今は今出来る事を成熟させて、パスを繋いで緩急なんかをね。

監督が愚殿様から巨体翁に変わってからは「代表の未来が明るい」とまでは言えないけれど「代表の未来は楽しい」ってのは俺の中で確実!!!(♪

んー、、、建物自体があったまってて暑いよねー
           特に2階って
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-27 22:01 | 10 WCに向けて!

いよいよ準決勝!!!

んー これがWCやったなら...

アジアの中で異質なオーストラリアに競り勝っての試合!

見所は多いのか!?
書く気にならせてくれるのか?
ってか、リアルタイムで観れるのか!?
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-25 19:04 | 10 WCに向けて!

俺がテレビのスイッチonした時には

既に1-1だった

んー 単純に試合開始時刻を間違えてたんやけど、その時はベトナムのボールと人が動いていた。
しかも日本よりも機敏に動いてたような気がする

でも、試合は日本の完勝と思える内容になった

そこで考えた
ベトナムを強くする方法
今でも動きに関しては、敏捷性も勿論あるし問題は無いと思われ
足りない要素で在るテクニックの向上、経験、フィジカルにも長けた選手。。。
そう考えると、それは何処の国(チーム)にも言えるけれど、アジアカップなりのバランスって事なんやろうね。
同じく良く走るチームとされる日本代表が大差で勝ったのは、経験やテクニックは勿論ながら、身体能力の限界がベトナムに顕在したかと。
んで、そう言う類いは日本にも置き換えて考えてみたりすると面白い。

今日の深夜放送されたコッパアメリカ決勝を観て感じた事は
「日本はああはなれない」
もっと言えば
「勝てる時が来るとは思えない」
だ。

特に珍しく全員が走れるチームだったブラジルなんか良い例で全てのプレーが速い
で、その速い流れでもぶれる事が少ないテクニック。
んな事は承知の事実なんやけど、しなやかやねんよねー、身体が。
猫みたいな感じの「フニャ」って身体のしなやかさが在るからこその独特のテクニックな訳で、そんなテクニックは実は今の「速いサッカー」には最も適した要素になる事を証明したのが昨夜観たブラジルかと。
体勢崩れてても身体の軸はぶれないからパスが乱れない、ドリブル突破で抜き切れる とか
体勢崩れてても身体の軸はぶれないからパスをカット出来た、ドリブルで抜かれてるのに止めれた
なんて事が「当たり前」な次元で繰り返される
しかも「激し過ぎる!!!」って当たりにも身体は「グニャ」っとしなってて「カードの出ないファール」になる、ってか審判もカードなんてそうそう簡単には出せないんやろうねぇ
スライディング受けても凄い角度で抜いて行ったりする時とか、スローとかで観ると上半身の状態から足首の角度までの組み合わせが同一人物とは思えない形態になってる時も多いでしょー?
その典型がジーニョ。

まとめてみると

日本人があのフィジカルバランスをてに入れるとは思えない



クラブチームは色んな国籍の選手を迎え入れて個性を増やしてバランスを取る事が出来るから、監督の好みに因って戦い方は変わりやすいし、在る意味変えやすい。
代表チームはそう言ったバランスにバリエーションを持ち得にくい。
大きな国際大会の面白いところはそう言った各国の特徴に因る相性的なモノが在るから面白いんやけどねー

んで、別に「最強」だけが「良い」とはならないのもサッカーは面白いっすねぇ

その辺りはまた今度書く機会があれば詳しく。
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-17 18:16 | 10 WCに向けて!

サッカーに於ける日本のアジアでの立ち位置と特徴

今夜の試合「日本vsベトナム」の試合で1つまた「見えそう」なポイントが在るから期待してます

勿論、前の2戦を観ての今日のベトナム戦って流れが在ってこそ個人的ポイントなんやけどね

まず、カタールやUAEよりボール扱いはレベルが違う
止める、蹴るなんかが顕著
身体の使い方も勿論日本選手が断然巧い
ポゼッションも高い攻撃的なサッカーの一部は満たしてる
経験と落ち着きが違う

なんかが日本の中東のチームに対しての「有利な点」なんやとして
今日のベトナムは「良く走る」らしい
ベトナムの試合を観ていないからわからないけれど、もしも本当に良く走ってくれるチームだとしたら、先に書いた長所を持ち続けられるのか?
ってところが非常に興味深い!

良く走られて先の2試合では感じられなかったプレスを受けても止めれて蹴れて繋げるのか?

日本と同じく「良く走る」チームとの対戦はオシム監督のアジアでの日本代表の長所の全てが本物かどうか、どの程度の「よく考えて走る事が出来ているチームなのか?」が見えるって期待感が在る

負けて決勝T出場を逃す事は勿論望んでいないけれど、ベトナムの選手にも日本人にも劣らないテクニックも在っててのを望む!
完全アウェイってのも各選手の経験やメンタル面も見える。
んで気候的にも不利!ってのも期待出来る。

もしも日本の長所が「良く走るベトナム」に通用するなら 2-0か3-1とかで日本勝利
通用しないなら 1-1か2-2
最悪の1-0 2-1ってのも正直覚悟してる
やっぱりhomeゲームは選手のモチベーション、審判のジャッジなど「かなり」ホームチームに有利で、後は各国の関係なんかも在る。

マスコミが高原の決定力で楽観的スター待望論を盛り上げているけれど
日本のマスコミは何をどう経験して来たのだろうなぁ。。。

さておき
日本ってチームは前にも何度か書いてるけれど、欧州満開のチームには善戦したり、善戦でしかも勝ってたりするんやけど、南米系のサッカーをするチームは苦手。
その中でアジアってカテゴリーの中での「タイプ別判定」なんかも出来る。
んで、アジア人の身体能力の方が、ドイツ、チェコ、など大柄で選手の多くがテクニシャンではないチームよか日本とは相性良くないとも思うし、実際に良い指導者に導かれ、テクニックの高い選手が3〜4人いるチームが近々現れそうな気もする。
まあ、次のアジアカップの頃くらい、まだ先かなとは思うけれど。

タイトル、少し補足やねぇ
「世界に於けるアジアの可能性と強敵出現の予感」ってな感じかな?

今夜は日本の戦いを堪能して その後コパアメリカ決勝観るって人も多くいると思う。
その後の感想は、なんか想像がつくなぁ(笑
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-16 17:28 | 10 WCに向けて!

アジアの真ん中で現実を

んー カタール戦についてどすな

まず、批判的なところから

遠藤よ、シュート打てよ

で、

今野、左足自信ないなー?

で、

羽生、お前はFWか!?(決定幾外すところは真似しなくても良い!

で、最後が

角沢と松木にはうんざり

ってなところでしょうかね?

ボールは選手の試合後の話では「回してた」って事で「回されていた」って訳ではないって感じなら、試合の内容としては上出来だったんだと思うな うん。
前半はじれったいくらい省エネルギーサッカーやったし
後半は失点前までは順調だった
が、、、順調ってところではなくて、やはり本当はもう一点穫りたかったのだと...思いたい
んで、穫れなかったってのが現実だと受け止めたい!
昨日のカタールならせめて2点は穫っといて欲しかった
決めるべくところでって意味は勿論のこと、言うなら「もっとチャンスを創って」ってニュアンスで
ともあれ、まだそこまでは到達出来ていないけれど、やろうとしている事は観ていても感じる。
オシムの「考えて走る」って簡単な意味合いではない
チーム全体が考えて連動して動く
すごく難しい事では在るけれど、確かに日本人には向いているってか其れしか無い

僕が試合が引き分けに終わって思った事は
「この先で本当に強豪国と言えるのかどうかが見えるな」って。
イタリア、ブラジルなんかは「スロースターター」的な文化が在る
ま、それはそれでたまにスタートせずにこけるから笑えるけれど、滅多に無い。
帳尻は合わせて来る訳で、日本もそんな強豪国(アジア限定)になれるかどうか?ってな大会に思えてきてます。

確かにあのプレーはファールではないと言えるかもしれないし選手には勉強になっただろうし
直前のFKでも失点の匂いくらいは感じていただだろうけれど、それでもFKから失点してしまった事を悔やむ選手は多いだろう。
選手の談話の中に「これがアジアカップの怖さ、経験」なんて類いの言葉が在った。
マスコミの反応もまあそんな感じかな?
で、僕もそんな感じで「次への経験となるやろう」的な、なんか楽観?
魅せていたサッカーの「それほど悪くはなかった」って事や、選手の談話の論調が影響してるんだろうねー
んでも、どうしても1つひっかかるのは
「経験のない選手に経験の重要性を説うてた選手は、解っていたなら何してたんよ?」
ってところだ。
テレビで見ていた限りでも、失点前のFK後に危機を訴えてた選手を確認は出来なかったってか、ちゃんと引っ張れよ、おい川口に中澤よぉ。。。スンタンはプロフェッサータイプで無理なんやからよぉー。。。

ともあれ、この手のチームは試合数こなせばこなすだけどんどん良くなるから、自分でも意外に楽観しとります、ええ、珍しく。
ただ、少し気がかりは駒野の怪我。
今野は明らかに「まだ」SBの適正が代表クラスかは不明瞭。
トイ面のカジもバランスを取り得てなかったのか、あまり大胆には行けてませんでしたし、活かされてもいませんでした。
前線のタレントに乏しい日本は特にSBが命だと、カタール戦を観ていていたく感じました。

あ、ついで的なんやけど、試合後直ぐのオシムは怒っていたなぁ まさしく。。。
でも、オシムが怒ってるのが何となくは理解出来ません?
在る意味、オシムのあの怒りをみて気が付いたのだけれど、日本の良い部分が悪くも作用してません?
日本人はサッカーってゲームに於いてもかなり頭が良いって思う。
で、なんかこう、日本の選手って試合中でも分析しながらやってるって言うか、そう言う風潮、選手だけでなくて国民性レベルだとも思う。
この前の試合でも「受けて倒れる」は多く観たけれど「自ら仕掛けて倒す」ってのはカタールよか明らかに少なかった。
勿論、イエローももっと出ていてもおかしくはなかったしレッドで退場ってのも望まないけれど、戦ってると言うよりもプレーしてるっていう「オシムとの温度差」的なモノを感じてました、きっと、昔からってかジーコの頃から。

それでもオシムのサッカーは道としては正しいと思う。
「美しくプレーして勝つ」てのは最高のSHOWだと思う。
ただし、「プレー」して勝つってのにはもっともっと「チームが同じ事を考えて同調して走る」ってレベルまで行かないと難しい。
オシムが指導し続けてもかなり時間かかるんでないかな?
きっと満足出来るレベルに到達するのはあと2大会くらいWCを経験してからくらいか?
そこに「戦う」って事を加えられるのなら.....。
オシム監督はきっと今頃、田中マルクス君とバンド君の離脱を嘆いていることだろうなぁ。。。
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-11 01:10 | 10 WCに向けて!

明らかに不得手ではない相手に勝利したって事は確実

U-20 WCの初戦は...

日本が良かった?
スコティッシュが弱かった?

微妙〜

A代表でも実際に欧州の中堅国にはけっこう勝つ
中堅でなくて強豪国と言えるチェコにも親善試合とは言え勝ってたりするってのは
此処読んでる人なら既知でしょうけれど

明らかに俊敏性で差があった
んで、スコティッシュも「06WCのオーストラリアばりの徹底したロングボール攻撃」を選択してこなかったってのっも助かった。
実際、ロングボールにはDFが良く対応していたとは思うけれどね。

次が南米コスタリカ
日本は 苦手としてると言える
体格は変わらない
全ての選手がテクニシャン
足下でミスが多発って事はそんなにはまぁない

勿論、このまま勝ち進んでコロンビアあたりとの対戦が観たい!
けれど、まだ楽観は出来ないな(サッカーって不確定要素の多いスポーツでは楽観なんてモノはないだろうけれど)。

相手が「組し易かった」とは言え
面白いサッカーが出来ていた
ともあれ、みんな若いから伸びシロも期待出来る
が、他の国の選手にも、全く同じ事が言えるところが...んー、俺も楽天的だぁね
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-03 18:02 | サッカー スポーツ

もう一声!

>民主党の小沢代表は1日の党首討論で、久間防衛相が米国の原子爆弾投下を巡り「しょうがない」などと発言した問題に関連し、「(原爆投下について)謝罪を求める考えで、米国と話し合うべきだ」と述べ、政府が米国に対して謝罪を求めるべきだとの考えを示した。

精神論的には安易に留めると正論っぽく思える発言だけれど、参院選へ向けての「重箱の隅つつこう会」的な策謀が露骨にも見えて、よい気持ちにはなりませんねぇ


>これに対し、安倍首相は「米国に『謝罪せよ』と言うことにエネルギーを費やすより、核廃絶を目指して全力をあげることが私たちの責務だ」と述べた。

こうなると 安倍総理のカウンターがクリティカルヒット!ってな感じだねぇ
勿論こちらも「白々しいほどの正論」てな感じがするけれど
この理屈は合理的観点からならまさに正論だね
合理的なだけなところがまた情けないところでも在るんだけれどね
もうちょい頑張って 例えば
「核の廃絶が叶ってからアメリカと話をすべきだ」
なんて言葉を付け足せば反論の正論としては完全に近い印象を与える事など
俺でも解るんだから、安倍首相も知ってのはずなんだけれど
「解ってても言えない」ってほどのプレッシャーを感じている日本って国は本当に情けない。
日本って一体どないな国なんやろうねぇ?
国と言う形態をとりながら、中身ってのは俺には霞んで見えないんよねぇ、困った事にね。
事故が通例化してきてしまった感のある原子力発電所なんかも
「人体の影響はない」なんてニュースなんかで知らされても、信用なるのか?
ってかならない。ってか絶対に影響が無いなんて事は言い切れないねぇ
アスベストは安全と認識させておいて欧州に10年も遅れて死に至る病を招く有害なモノだったとか言う国だからねぇ
加えて 原子力、核なんかは人に制御出来るモノでは無いような気がするし
危険レベルはどやって設定してるのか?
人が創り出してまだ70年くらい?

日本だけにとどまらず、風化してしまってるところではチェルノブイリ、日本でも臨界事故(あれなんて、今後本当にどうするんだ?あの辺りの人たちは直接被爆してなくても、雨水から飲食物通して接種を続けてる。

空気の汚れに因る花粉の科学反応アレルギー
増え続けるアトピー
毒を含んだ食べ物
無理矢理な栄養剤
撒き散らかされる 本来は地上に存在しなかったはずのモノ
無くなる事の無い 人の闇    

世界中がほぼ全ての事象が 壊滅 に向かってしまってる事は 
否定しがたい現実だねぇ

人は繁栄の知識を見誤り 逆へのを選択していた
誤摩化す事に躍起になる国家に籍を置く人々もまた
誤摩化す事に慣れてしまった
怒りすらもね

でも、もうどうなるのかは言うてられんねんよねぇ
小さな一個人の俺に出来る事と言うと
現状を知ろうとしながら いっぱしの社会人としても存在していかなければ
そうしないと 無力を承知でも希望を信じて人に提示してみる事すら困難になるから
未来展望を考え続けるよか そろそろ眠る事を選択しないといけないからねぇ
んで、生活全てがネガティブな訳では、もちろん無いw

んー 長くなったぁ

ん?雨やね
ともあれ今日も涼しく眠れそうな
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-02 04:46 | 雑談

あほ?

>久間章生防衛相は1日昼、長崎県島原市内で記者会見し、原爆投下を「しょうがない」とした発言について「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば申し訳なかった。これから先は話さない」と陳謝し、発言を事実上撤回した。

はじめから言うな!
ってか、政治屋やる資格なーし!
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-01 12:57 | 雑談