<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

どんどん難しくなるサカゲーと難しくなる事にが及ぼす影響

えー、最近小屋に遊びに来たヤツに「まだやってるんすか!?」って言われようがまだやってるよ!のウイイレ。
しかも中古で前のウイイレよかちょっと新しくなったヤツを買って遊んでるんやけど
タイトル通り凄く難しい。
リアルになったって言うか、ボールキープは身体の向きを考えて的確な位置へボールを置いてないと簡単に奪われる。
逆にボール奪いに行っても、前なら適当にプレスボタンで奪えたものが、なかなか奪えないし、下手したら直ぐにファール、んで最悪PK献上。
ミキサーに繋いでいてステレオから音出してるんよね。
ゲームの音楽はオフにして、実況と効果音も小さくして、聴きたいCDを鳴らして「ながら」的にやってるからこんなに難しいのか?とか思ってCD止めても、やっぱし難しい。
日本代表やらの試合の後は「不甲斐無い!せめてゲームでは素敵なプレイを」って意気込んでやる事になるのだけれど、難しいってかなかなか勝てないってか良く負けるってか殆ど負ける。
選手の能力がまだまだ低いってのもあるのだけれど(マスターリーグモードね)続けて3試合ほど負けが込むと、リセットしてもうやる気がなくなるw
で、そう言う時は最近「美容技術雑誌」を読む事が多い。
勿論、良い勉強になる。
で、仕事のクオリティが上がるってのを実感する。

買い替えてプレーし始めた最初の頃は「ウガー!!!余計ストレス溜まるやんけ〜!お〜!」って感じだったけど、今じゃ「もうええ!勉強するわ!!!」ってなってる。

リアルになり過ぎてるウイイレにも、良い事も在るw

さて、明日から12月だ!
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-30 19:37 | 雑談

自転車の歩道通行を一部で認めるって?

http://www.sankei.co.jp/news/061130/sha014.htm

自転車を利用する人が色々な理由で増えてるってのは僕も実感してる。
で、自転車利用者のマナーが悪いのもすっげーく感じる。
けれど、それ以上に車の運転マナーが悪くなってる事を感じる。
歩いていても、自転車でも、信号が「青」になって少し待たないと車が突っ込んで来るってのは頻繁に在る。
交通法とか何とかってのではなく、歩きの人も自転車の人も、歩道を利用するのか、自転車を利用するのかってのは、各自のその時々の判断。
何も「決め事作らなくても」って思う。
つーか、自転車の事故が増えてるってのを自転車のせいにしているようにも捉えられる記事だとか感じる。

つか、まあ全てにおいて「マナー」なんてモノは、蔑ろにされてるし、その事を考えてなんとかしようとする事なく、問題の一部分だけを取り上げるってのは、現場知らない人達の「つじつま合わせ」だと思うな。
こんな事考えてる人達が「自転車通勤」とかしていない人達ってのが良く解る記事だ(大笑←皮肉ね、勿論。
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-30 12:31 | 光と闇

のだめカンタービレ

ここ数週間、月曜日の楽しみになってます。
それほどドラマにハマる事は最近はなかったけれど(くだらないお笑い番組が増えたからってのが原因か?、エンタの神様とか代表例)面白いからね

あまりテレビ見て笑うって事は少なくなったけれど「のだめ」は1話中に一回は大笑いする。
昨日は「おなら体操」が最高だった。
のだめを演じる上野樹里が可愛い(ってかのだめのキャラが可愛い)ってのもあり。
で、昨日はそののだめが切れたのだけど、切れた顔も綺麗(笑)髪型もボブベースで可愛い。

最近、どんどん「ロリ」入って来てる、、、自分が不安だ(大笑。
(昔からって説も在るw

以上、横浜FC優勝の事について書こうとか思ったけど、なんでかしらのだめ話でした。
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-28 15:02 | 雑談

CLに出場した日本人2人共が得点を記録したニュースの陰で

稲本も得点!!!
日本人が2人しか参加してないCLに、揃って得点って記録が残るのは凄い事だ!!!
ただし、いつまでたっても「スンタン」とか「茸」とか「たこ焼き」とか、好意を込めて呼べるっても良い事だと断言してしまおう。
少し前まではサッカー選手としての実力とカリスマを持ち合わせていたのに、政治家のイメージアップと自らのイメージアップ、んでお金の香りがプンプンしてるけれど、その過保護なまでの事務所の力に因って保護されている人とは大違いだw

さておき、そんな喜んで良いニュースに紛れて(別に紛れては無いけれど)城選手の引退が発表されました。
ジョホールバルではヒデのクロスにバックヘッドで合わせて日本を救った城選手。。。
その後のWCでは戦犯扱いを受けて、帰国した空港ではペットボトルの水をかけられた城選手。。。

前にも此処で何度か書いたけれど、選手も人間だって事を忘れてはいけないってかね。。。
最近スポーツ番組でも横浜FCの昇格が現実を帯びて来た事に伴って露出が増えてる城選手。
観てて思うのが「なんか遠慮がちに話すな」って。
なんて言うのか「誰に気を使ってるのか?」て思う。
サポーター?メディア?
同点ゴールを決めた試合でもなんか「気弱」に見えてた。
見る度に思った。
「まだ引きずってるのかな?」と。

日本に帰国して、その後リーガに移籍して、んでJに復帰して、その後は、気が付いたらJ2の横浜FCに移籍していた。

確かに「ペットボトル事件」の後、城選手が辿ったキャリアは誰の功績(責任)でもなく城選手本人の残した結果。
けれど、「点で合わせるのが上手い」って特性を持った城選手だから、良いパサーなりサイドの選手からのクロスが在れば、もっともっと活躍出来ただろうし、もっとサポーターに「楽しみ」を与える事が出来たような気がして残念でならない。
悲しいかなこの日本、全てのメディアで「ヒット商品」になり得ない選手は、実力に見合った評価をされない。
そうなると「干された」のも同然の扱いを受ける。
其の最たる例が城選手だと思う。

国営放送で「WC本戦で負けてる試合の最中、歯を見せる(笑顔を見せる)なんてけしからん」って現東京ベルディ監督に名指しされた。
より悲しい事にサポーターも今よりも幼稚だった事も在って、其の論調にのっかって、多くの人がバッシングを。
そんな世論が一人の選手のサッカー人生の将来に少なくとも影響を与えた。

初めてのオールスターゲームで城は得点を決めたりね、大一番で大仕事やってのける。
間違いなく逸材だったのだと思う。

で、そんな城選手に対するマスコミやらの対応を間近で観ていたヒデにも、きっと影響を与えたのだと思う。

城選手引退。。。

日本サッカーの歴史を変えたスンタンのFKから一夜明けての其の知らせは
僕には在る意味より大きな知らせだった。

サッカーを楽しむ(ってかあらゆる事を楽しむ)コツは、自分が自分の考えで応援し、批判し、喜びを得る事だと言う事は、少なくともそれだけは忘れる事なくこれからも楽しんで行こうと思う。

日本のサポーター達が、自分の力で考えて行けるようになる事を、城選手引退発表を知った今、本当に願います。

そして、全てのマスコミは、一人の選手、人間を情報ってか書き方一つでどうにでも出来てしまうって責任を感じてくれる事を。。。
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-23 19:11 | 10 WCに向けて!

スンタンとハナクソ王子

えげつないタイトルで。。。

先程ようつべにて確認しました「スンタンのフリーキック動画」
いやー、やっぱし凄い
何がって言うと相手は最低でも「勝ち点1は欲しいであろうマンU」やったからねー
確かにマンUは、今週末にはプレミアの頂上対決VSチェルシー戦を控えているとは言えね
在る意味、今節はセルティックから勝ち点1も取れないのと、チェルシー戦で勝ち点差6に広げるなら、後者を選んだかもしれないけれどね
でも、マンUもまさか勝ち点を全く取れない事は計算違い
試合後のファーガソン監督の「まさかこの試合を落とすとは考えて無かった」って言葉に現れてるってなものでね
加えて、今のマンUはかなり調子が良いとは言える(プレミアではね)
で、試合前のストラカン監督は「スコティッシュ・プレミアとイングランド・プレミアにそれほど差を感じない。セルティックなら優勝争いに絡んでるはずだ」ってなコメントを読んで「それはない!」とか思ってたら勝利ですからねー
とは言え、イングランド・プレミアで優勝争いを演じれるかどうか?って言ったら「それはない!」って今でも言いますけどね
ともあれ、マンUから勝ち点3穫って、先に決勝T決めてしまうってのはやっぱし快挙!
スンタンもマンU戦2戦連続FKでゴールってのは快挙!
ただ キーパーから見て左方向にしかスンタンはFKを蹴ってないと思うんですけど。。。
今後は「スンタンシフト」ってので防がれてしまうのではないかと心配ですけど、まあ、誰かに当てて来るって事も考えられるので、つってもやっぱし直接狙える位置なら左って読んでて間違いないでしょう。
で、そんなスンタンも凄いけど、もっともっと若くしてスペシャリストだったベッカムってのは、本当に凄い選手なんやけど、やっぱしビクトリアとのイメージでしょうか?

さて、話変わってハナクソ王子こと「平山ソウタ君」でおなじみのU-21代表。
この試合、前半途中ってか、韓国の選手の見事な突破からの良いシュートで失点ってシーンを、部屋にチャリダッシュでスイッチオンした3秒後に見せられて、やはり「勝利のへ気持ちか?韓国の監督が言うように、気持ちの入ったドリブルやらシュートやらは日本は止められないのか?」って思ってたら、後半には右サイド突破した素晴らしいクロスからヘッドで同点
ただ、あの試合の流れで逆転出来なかったところに歯痒さを感じる。
カレン・ロバートが入ってから明らかに押していたし、決定的なシーンを外すハナクソ王子。。。
あ、ちなみにハナクソ王子とか言いながらも、ソウタ君は好きですよ
このまま潰されそうなところが、なんて言うか「心配」w

で、試合の感想を真面目に書くとしたら、ワンタッチでのパスの連動なんかは日本が特長を出していたとは言え、やっぱし韓国相手に個人で仕掛けて、強引に抜き去る選手なんかはいませんね、今のところ
韓国の選手は強引に止める、抜き去る選手は居るのですけどね
今はコンビネーションでなんとかなるにしても、上の世代の代表になった時、相手もコンビネーションが確立された時にはどうなるか?
抜き去る事や、身体で上手く、強引に止める事ってのは、日本の選手の頭の中の選択肢として有効に働くのかって考えると、将来的に不安ってか、やっぱ日本みたいなね

ま ね、経験を通して各自努力するのだろうからどうなるかは楽しみでは在りますね
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-22 18:18 | 10 WCに向けて!

セット!

気温の低下と共に、更新頻度も低下してきたなー

ブログの閉鎖は「更新が面倒」ってのが理由としては一番らしいので気をつけないと。。。
とは言え、他にどんな理由があると言うのかね?

さて、先週土曜日に「セット(ってかアップ)」のお客さんをさせていただいたのだけれど
なかなか自分では良く出来たとか感心してましたら、お客さんもかなり喜んでくれてました!
セットって、なんて言うか、普段の仕事とはまた違って、工作的って言うか。
けれど、そんな楽しいセットもやはり「ピンと来る」「ピンと来ない」によって出来上がりが違うので「ピンと来る」ための引き出しを増やそうと意気込んでる次第。
勿論、その他、カットやらパーマ、カラーも自分の中の「ピン!」をもっと大事にしても良いのかなとか。
店をやってるって責任からか、最近は冒険心を抑え気味やったなーって。
友達、知り合い以外にも、もっともっとアイデアを出して行こうと、先週のセットが刺激になってる。

今日は少し暖かい。
これからももっと頑張って行こう!
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-21 13:07 | 髪切り小屋

自分で「それ」に気が付く事は、俺には困難だった。

この前、急に「試してみよ!」って思ってやってみたら出来た!
で、誰かに話したくなって電話してみて、聞いてもらった。
相手と俺の反応は「お互いに大笑い」やった。

で、昨日友達と遊んだのでお披露目してみた。
反応は「アホやな〜」やった。
「なんでアホなん?」って聞くと「誰もそんなん考えへんわ!」と。
言われてみてから気が付いた。
確かに、確かに考えない事かもしれん、普通の人は。
考えたとしてもええ大人が実際に出来るようになろうとかは考えないかもしれないなと。

それは何かと言うと
「口笛吹きながら、声を出す事は可能か?」なんやけど、考えへんかな〜?
考えてやってみるヤツも居てると思うんやけど、まあ、確かに口笛吹かない人はやらんよね。
で、どんな口笛になるかって言うと「口笛と声が倍音の音程で」って現象になってる、僕の場合。
言うたら「ホーミー」みたいな感じ。

昨日やっと気が付いた。
僕には意義の在る事ながら、この「口笛ホーミー」は人からしたらどうでも良いかもしれない。
ま、けれどね、人ってそんなもんですよね。
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-15 15:41

サブリミナル狙いならもっと違う事にしてくれよー

子供の頃 走るだけ 飛ぶだけで楽しかった感覚を覚えている
身体動かして遊ぶって行動は 楽しむと同じだった
身体動かして、それを無意識と呼べる心理で楽しいと感じ、疲れ果てるまで続けて、飯食って風呂入って勝手に寝るってな。

小学校になると体を使った遊びで以下同文。
中学になっても以下同文
高校に入っても以下同文

で大人になってもクラブ行って踊る楽しさで早…えー…人生の半分越えてる…最近はめっきり減ったけど。

身体動かすってのはかなり素晴らしい事でかなり重要な事で。
今の子供たちはってか俺も含まれてるねんけど、脳みそが疲れる事を楽しいと思ってしまったりしてて、頭疲れても体はそんなに疲れないなら人間、特に元気溢れる世代である10代前半から30代の人が荒れてしまってるのかなとか考えてさ、じゃあ、体を動かせば明るい話が増えるやん!って瞬間的希望楽観感じてみたものの、体を動かすと覚悟を決めようとしてみても疲れ果てた頭は其れを最早選択出来ないのだろうとかに行き着いた様子な昨夜の僕。

そんな事解ってて遊ぶ事を楽しめてる君は素敵

そんな事を解ろうとも考えずにやられてってる事までも気が付く事がない君を
僕が心配するに比例して異端者扱い君の中での僕ってそんなん望まない勿論

正しいのはどちらかを知りたいとか傲慢な欲を持つ気はないけれど
おかしいのはどっちかは知りたいとか考えたけど
大事なのは たまには なんなりと無条件放棄する事も頭が休まる事に近いかって感じで
だからって完全放棄は辞めて後でまた気が向いたら考えてみよう
嫌なニュースばかり目にし過ぎてるな、実際。

とかなんとか書いてるけど、きっと今日の帰りには忘れてるな(笑
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-15 15:15 | 光と闇

でもって久しぶりのサッカー関連

ガスコインが逮捕された!!!

ってのはまあね、昔からああ言う人だったからね。。。。。

そんな事よか、U-20が韓国相手にPKとは言え勝利!
韓国のU-20はアジアユース4試合で15得点で失点が1ってのを知ってから勝つのは難しいかと思ってたら、なんと1人退場食らって10人って不利な状況から追いついて、延長で逆転して、今度は追いつかれて、んでPKで勝ったってのは...日本のイメージが今までとは違う。
韓国のイメージが違うって可能性も勿論在りますけどね。

ともあれ、決勝は北朝鮮との勝負
時の運とは言うものの、まだハタチにも満たない選手が頑張ってるのだから、良い結果が出れば良いなとか思う。

それにしてもアジアユース(20歳未満)やらU-21の中韓交流戦とか、見た目と日程がちょっとややこしいな。
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-10 16:05 | 10 WCに向けて!

Vフォー・ヴェンデッタとスクールデイズ

Vフォー・ヴェンデッタの方は映画館には行きそびれ、レンタルはいつも貸し出し中で昨夜やっとこ借りる事が出来た。

で、感想はって言うと...実は途中で電話かかって来たり、電話切ってからは睡魔とも戦っていたりで、いつもみたいに食い入るように観れてはいない。
ま、食い入るように観ていたところで、数日したら忘れてる事が多いんやけど(苦笑
まあ、それにしても秀作だと思う。
マトリックス(一作目)なんかもめっちゃ好きなんやけどね、テーマ自体はやっぱし「今の社会っておかしくね?」ってなところなんやね。
けどね、マトリックスとは違って「現実に確実に在る(起こっている)事」ってのがテーマだけに、より深く「入れる」なと。
で、笑い狙ったシーンも在るし、そうそう、台詞が秀逸!
もっとじっくり観る為に、DVD購入しようと思う。
それにしてもなー、映画の舞台で在るのはイギリスなんやけど、実際日本でも似たような事は行われてるだろうし、国家権力の情報操作なんぞは、当たり前に横行してる訳でね。
この映画はきっとってか確実にアメリカや日本やらの先進国に対するアンチテーゼでは在るだろうし、レジスタンス的な発想ってかね、なんかそう言うのを観客に持たせようって言うかね、そう言う感じの「メッセージ性の濃い作品」だとか。
映画のキーワード的な言葉「理念は死なない」ってのも、右向け右が多い今の社会に対するモノだし、、、
娯楽映画にしようと思えばもっと簡単に出来た(CG駆使してアクションを増やすとか)だろうけれど、そうはしなかったってところがね、マトリックスよか一歩踏み込んだな、と。
ナタリー・ポートマンはやっぱし美しかったー ←めっちゃ余談
なんにせよ「ウォシャウスキー兄弟よ!良くやった!」って思う、娯楽社会派問題提起作品。


で、スクールデイズに話は進むけど
こっちはこっちで、今、テレビでもwebでも「高視聴率確定」って勢いで取り上げられる「いじめ」問題を、知ってか知らずか取り上げたって言うか、また僕みたいのがこうやって「イジメ」に繋がるとか書くからややこしくなってしまうのだろうけど(汗)ま、メディアって程の影響力ないから書くけど、この映画も「コメディ」と言えばそうなり得る。
エンディングも含めて、そう観れる。
けど、この映画の中で今の世の中の歪みの原因は少し見て取れるかな?ってのは思った。
最近の邦画は、けっこう「観た人に因って本質はまるで違う」ってのが多くて、在る意味「流れ」って言うとそれまでなのかもしれないけれど、僕は個人的には好きですね。
はっきりとは言う事は叶わないけれど、やっぱしイジメとかって解決策は「家庭」にしかないのかもしれないと。。。

前に書いた「空中庭園」もそうやったし「幸福の鐘」もそうだったけれど
「家庭」ってのが舞台になってる映画が増えてるってのは、やっぱし各監督とかが重要視してる(せざるをえない?)ってことなんだろうなとかも思う。
ともあれ、家庭だけにとどまらず、色々な所で歪みは感じますけれどね、歪みについて話したりね、歪みからエスケイプするのはやっぱし家庭か?って言うね。
で、こちらも良く出来た娯楽社会派問題提起作品!


絶望だけに支配される事は虚しいけれど「今、起こっている事」例えば、自分の身の回りとか、異国の地だとかも含めて、少なくとも興味を持った事は貪欲に「知ろうと」しても良いと思うし、いつかVみたいに、民間人が立ち上がる日がくれば良いなとも思う。
勿論、まだまだ先だろうし、この日本って国は「発言、行動」を締め付ける方向へ突き進んでるから難しいけれど、あえて言うならそう言う「締め付け」が民間の人の目を覚まさせる事に拍車をかけてるって事を解ってるのでしょうか?政治屋さんとかは。。。
まとまった動きなんかはまだないけれど、僕の周りの人の考えとか聞いてると、ちょっと一般人舐め過ぎてるな〜て思うのだけれどね。
なんか話がずれて来てるけど、こう言う事も書きたい時にサクッと書いておかないと、いつ「反社会的」っておとがめが在るか解らないって方向だからなー。。。

ま、そんな感じの映画の小窓のコーナーでした。
[PR]
by trequartista5 | 2006-11-10 15:37 | 映画の小窓