<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

春の到来の代名詞 桜は今年も繰り返す

冬にはただの枯れ木のように
命の息吹を投影せぬ 周りに合わせるかのように

生命の喜びを示す 周りに合わせて
今がその時と、今からがその時と誇示するかのように
蕾膨らみて 花を咲かせ 
儚さを連想させる 淡く清楚な花弁を 

散り行きてもなお 息吹の強さを示すかのような
力強き緑を纏う

繰り返す

枯れて果てるその時に向けて

幾年月、繰り返す

されど 我は人也

春の象徴を言い訳に

我も繰り返す

纏うものは 自身では解らぬままに

ただ ひたすらに 

それで良いのだと

言い聞かせる事すらなく

ただ漠然と
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-31 13:20 | 光と闇

心地良き疲れと共に

今日は納得出来る仕事&接客が出来たと思う。
忙しかったけれど、きっちりと。
でも、これで満足していても駄目だ。
もっと上観ないと。

明日は大阪から来店下さるお客さんも。
明日も納得の出来るスタイル&接客を目指して踏ん張りまっす。

今日も、色々、ありがとうでござる!
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-29 20:37 | 髪切り小屋

その天気 凶暴につき...

今日の天気は午後から「大崩れ」って予報を信じて電車で小屋へ。

で、さっきまでの雨の降り具合が強烈!!!

雷はズシンズシン言うし、稲光も凄まじい。

入り口のドアにも雨が直撃。

水入ってくるんやないかと本気で不安になりながら外を眺めてました。

車乗ってる人も、あの雨ではかなり運転も難しかったろう。

雨がキツくなって、少ししたら救急車も走り回っていたから、事故も起きてたのかな。

今は、少しましな降り方になったけれど、、、、、

きっと今日は暇だわさ!(自分でもこれだけ雨降ったら髪切りに行こうとは思わね)

帰る頃にはもう少し、小降りになって欲しい!!!
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-28 15:59 | 髪切り小屋

某SNSへの書き込みのほぼコピペw

昨日は早起きして歯医者、実家に顔出して帰宅後、窓と言う窓全開で掃除、洗濯もベッドの敷きパッド、シーツ洗濯、布団干し。
気分爽快。
で、フライヤー撒きに店方面に向かう。
家出て、三条通り自転車で走ってると、狭い道の向かいに、仰向けに横たわって痙攣してるおじさんが!?
近づいてみると、痙攣は激しくなり、口からは泡噴いて。
周りのおじさんが救急車呼んだ。
取りあえず、車に轢かれたらアカンって事で少し端に寄せる。
吐瀉物が気道塞ぐといけないから横に向けて。
目の瞳孔がおかしい。
目の前で指パッチンしても反応がない。
手には酒屋さんへの支払いと思われる封筒。
その封筒が大切なものなんやろう、握りしめてはったんやけど、その手の自由が利かなくなってた。
消防署の直ぐ近くやったから救急車も直ぐに到着。
状況説明して、救急車は速攻で発車。
脳梗塞っぽかった。
どこのおっちゃんか知らんけど、元気になってて欲しい。
けど、おっちゃんのその後は勿論、解らず。

フライヤー撒いてる時に少し休憩をって思ってたら
小さいけど良い感じの神社発見。
お賽銭入れて願う。
何となく気分良し。

配り終わって久しぶりに河原町へ。
長久堂に御勤めのお客さんところへ顔出したら、偶然にも休憩中やったらしく顔観れず。
どんな感じで働いてるのか観たかったけど、ま、次の機会に。
で、その後は知り合いの働いてるカフェに向かうも場所間違えたらしく、電話したら「今日は休み」とか。
街方面は付きがなかった昨日。
晩ご飯は知る人ぞ知る右京の名店「ラーメン親爺」。
最近ご無沙汰やったけど、どうしても食べたい!って思ってチャリダッシュ!。
俺が食べ終わる頃に、他のお客さん全員はけた。
初めて食べたのが高校生の頃。
その頃から常連なんやけど、いつも軽くしか話さない。
ちょっと張りつめる空気。
オヤジさんと奥さんは奥に入ってって晩ご飯食べてるらしく、息子(2代目?)と2人。
少し気にしながら久しぶりの味わいを堪能してると急に「まだ音楽やったはるんですか?」と。
「なんで知ってるの!?」と尋ねると「高校生の頃、ライブ観に行ったらベース弾いたはったから覚えてます」とか。
ん〜、、、ライブは確か4回くらいしかやってない。
助っ人やったのに、しかも覚えてたとは。。。
自分でもかすかな記憶やったから、思い出してちょっと感激。
細い身体にでかいBASSがやけに似合わなかった写真なんかを思い出した。
今までは閉店時間22時やと思ってたから、仕事の日は時間的に厳しいと思ってたけど、22時半閉店って事が解ったからこれからは寄り易くなった。
小さくない喜び(ほんまに大好物やからなー)

ラーメン食ってから近所のレンタルビデオ屋へ寄ると、小中高と学校が同じやった同級生とばったり。
ちょこっと立ち話。
見た目はおっさ〜んに近づいてるんやろうけど、笑った顔は小学校の時のそれと変わらず。

部屋に帰って2度目の「ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッドエディション」を一気に。
観終わったら4時。
綺麗な映像、綺麗な景色、素敵な台詞回し。
エンドロールも全部観てたけど、エキストラが多いからエンドロールだけでも10分以上は在ったような気がする。
今度時間創ってシリーズ一気で鑑賞してみようと思う。
「2つの塔」ではレゴラス(オルランド・ブルーム)の「一本回し乗馬スキル」が観れるな。
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-28 14:23 | 雑談

WOW!!!

本日は快晴なり!
布団もシーツも、洗濯物も、きっちり乾く!
フライヤー撒きも散歩気分!。

さて、もうひと頑張り!
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-27 15:41 | 雑談

やっと明日は、、、本当に晴れるのか?

ここ2週間ばかり、定休日は雨or雪。

今のところ明日の天気予報は晴れらしい。
まあ、狂ったとしても雨ってのはないだろうし、明日は暖かくなるだろう。

明日は午前中から洗濯、部屋の掃除、歯医者、店のフライヤー配り、食材買い出し、その他、やる事一杯!!!。

昨日早い目に寝ようと1時には寝たから睡眠不足は解消されてるけれど
身体の疲れは溜まってる。
今夜は早い時間に銭湯にでも行って疲れ取っておこう。

今週も、ご来店下さったお客さん、ありがとうございました!。

では、また火曜日に。
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-26 19:16 | 髪切り小屋

結局はね

日本代表が良い試合を魅せる。
相手が強豪国でも、自国の個性を出し、かつ、勝利も得る。
勝利出来なくても、観ていてフラストレーションの貯まらない試合をする。

以上、理想ですね。
で、今の日本代表を考えると、取り巻く環境(マスコミなど)の煽りってのが悪害であるってのは此処でも何度も書いて来た。
ジーコが駄目とか、左サイドがとか色々言われてるし、僕もそう思う。
でも、実際はもっともっとシンプルな事なんでしょうね。
答えは単純!「Jリーグのレベルと魅力のアップ」。

スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ。。。
例外は在るけれど、自国の選手は自国のリーグでしのぎを削る。
レベルが高い国に産まれて、その国で育ち、プレーして、代表に入る。
ま、当たり前の事ですね。
でも、やっぱり、自国のリーグのレベルが高く、南米の選手達も集まって来るって環境は、やはり選手の成長のレベル(成長に求められるレベル)も高くなる。

で、日本はどうかと考えると、まだまだ、レベルが高いって認識は出来ないのが現状。
本当のトップレベルの選手から観たら、それほど魅力はないだろうと思う。
Jのチームに移籍って視点でも、観戦ってところでもね。
そうなると、Jに所属してる選手達は、本当のトップレベルの選手の力を体感する事は少ない。
代表にも勿論影響する。

ヨーロッパがなんで何処の国もほとんどが「弱いと言えるレベルの国」ってのが少ないか?
在る意味、南米でもそうなんだけれどね。
移籍するにしても、それほど遠くはないし、UEFA CL や UEFA CUPなんかも在って、各国リーグの力の差を計る、体感する機会が当たり前のように在る。
南米なら、リベルタドーレス杯なんかがそうかな?。
重複するからこの際、欧州だけで考えてみると、弱小国と言える国の選手が、欧州戦で力の差を知り、そこに到達しようとする。
到達したら強国のクラブチームがほっておかない。
移籍する。
で、移籍した選手が代表で呼ばれても、自国には直ぐに帰れる。
疲れも少ないし代表の練習でもコンビネーションを磨いたりも勿論、容易くなるだろうし、他の選手達も力の差を感じてる選手は多く居るだろうから、海外組の選手の持ち帰った「プラスα」を吸収しようとする。
+の相乗効果。

日本はどうか?と言うと、やっぱり「島国、井の中の蛙」って思う。
Jやアジアでは良いプレーを魅せ、代表でもやって行けると豪語するけれど、実際にはそう言う選手はレベルの高い国、チームを相手にすると普段のプレーすら出来ない選手が多いように思う。

欧州や南米の選手も自国以外でプレーする選手は多く居るって事も、そう言う国の選手って、きっと元々の選手のレベルが高いから、フィットするのだろう。
例えばブラジルやアルゼンチン。

考えてみたら、日本って国がWCで好成績を残す事は、まだまだ時期尚早なのかもしれない。

ヒデや俊輔、小野、稲本、ヤナギや高原、大久保、大黒、松井、中田コ、名波と言った海外の力を肌で知ってる選手が、日本に帰って来て、その力の差を後輩達に教えて行く。
その「経過地点」に今やっと立つ事が出来たって言えると思う。
言うなら、先にあげた選手達が、少年サッカーであろうが、高校、大学、JFL、Jであろうが指導者になって数年経って、やっと、Jのレベルをあげる事が出来るのではないか?とか考えてみた。

因に、僕は日頃から日本代表の事を厳しく書いてる。
でも、やっぱり、日本も、日本らしさを魅せながら、強くなって欲しいと願う。
そう考えると僕も「流石の海外組」とか「行けるぞ!決勝トーナメント」なんて書いて煽るマスコミに乗せられていたって言えると思う。
実際はまだまだ、そのレベルにはないのに。
で、過度な期待感を受けて選手も堅くなり過ぎて(在る意味選手自身が自分を過大評価してて)普段の実力も出せない。
本当はもっともっと「失うものはないから、ドーンとぶつかって胸を借りる」ってもっと気を楽に、色々とトライする事が今は(しばらくは)重要なような気がする。
それが例え代表への当落線上の選手であったとしても。
ミスが目立たないように、長所を魅せるより短所を魅せないって選択では、きっと何も「伸び」ない。

アジア人のフィジカルで世界にひけを取らないサッカーは可能か?
難しいかもしれない。
けれど、南米の中堅国、エクアドル、パラグアイ、なんかの選手は、それほど日本人と変わりはない。
実際に中田ヒデや小野は自分の長所や短所を経験から知り、経験から自分を活かす術を見付けている。
稲本は、パワーってところでは日本人らしくないけれど、そんな稲本も身体の使い方、ボールタッチ、展開の早さへの慣れ、は海外に出てから際立って良くなった。

Jが、JFLが、少年サッカーがもっと盛り上がらないと、日本のサッカーの形は見えて来ないような気がする。

Jリーグ百年構想。。。
確かに百年は考えておいても良いかもしれないし、それでも無理かもしれない。
でも、可能性はあると思う。
海外のリーグで、親善試合でなく本気の闘いを知ってる選手達が、自分の経験を踏まえて、「日本人ならこう言うサッカーをするべきだ!」って確信を持ってして指導する姿を期待してる。

因に、僕の考える日本が目指すべきサッカーは「機動性とスタミナ」を活かし、走り回るサッカー。
走り回るって言っても、ボールポゼッションを高くして攻めてるようで休む、守ってカウンター、リズムチェンジして本気攻め、守る時は走り回ってプレスかけて、攻められてるのになんとな〜く失点されないってのを試合の中で使い分け、それでいて機動性を活かすってところかな。
南米の中堅国のように、さっと点とったら後は攻められてても、なんとな〜くいなして終わってみたら勝ってたって言う感じかな。

最後にオチとして
「やっぱブラジル、アルゼンチンは凄い!質、量ともに優れてるし、きっとDNAにサッカーの遺伝子は組み込まれてる。故に代表に呼ばれて長距離移動してもフィットする」
って思うけど、日本がブラジルとアルゼンチンのようになるとは、、、思えね〜〜〜w

僕がこの世から消えてからでも、夢としても願うけれど。
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-25 16:23 | 06 WCに向けて!

いかん!!!いかんよ!!!

ちくしょ〜〜〜!!!
またまたやってしまった「DVDの延滞」。。。

昨日の朝、返却忘れないように鞄の中に入れて置いたのに、今日、鞄の中で発見。。。

今日は右手の甲に「DVD」って書いてみた。

これでも忘れてしまったら、、、

ま、延滞金が嵩むからそんな事にならないように油性マジックにしてみたwb0041152_16395219.jpg
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-24 16:40 | 雑談

テクノの粒子

テクノって呼ばれてる音楽がやっぱり好きである!

なんでか!?
椎名林檎も東京事変も大好きなんですが
テクノの音は耳で、脳で感じるんや無く、もっと、中の方って言うかね。
巧く言えないけれどね。。。
特に部屋で音大きめにして聴くと、なんて言うかね。。。
歌詞が在る曲ってのは、結構、多くのものは僕の中では「共感出来ない」(大笑)勿論、共感出来るアーティストも居てるけれどね。
でも、歌詞とかや無くてね、音の「粒」ってのかね、なんかそんなの感じてしまって、在る意味「音に満たされて、他は何にも無くなる」って感覚って言うね。。。
昔は曲の持つ雰囲気で「風景」なんかが浮かんだけれど、最近は風景なんかも浮かぶ事無く、音の中に自分が同化するって言うかね。。。
ん〜、、、なんか現実逃避っぽいね(苦笑。
前は「闇箱」で踊ってる時に良く感じたけれど、最近は家でもそんなふうに感じられるようになってた。
で、そんな感覚が何に近いか?ってのが最近解った。
それは、呼吸法に気をつけて、瞑想してる時に似てるのです。

こんな文章書いてても、巧く伝える事は出来ないし、出来たとしても、聴き方なんて人の数だけ在るだろうけれど、あえて自分ってので書いてみたくなった。

今日か明日には、大きな音で、音だけに満たされよう。
現実逃避でも、リラクゼーションでもなんでも良い。
要は、自分にとって「心地良いかどうか?」やし。

ん〜、、、やはり、昔からの僕の中だけの「聖域」に最近は入り込んでないからちょっとした(かなりかな)禁断症状が出てるんだろうね。。。

次回のは、、、ホンマにまだ今は解らないけれど、行きたいな。
行って、音と遊んでる自分だけの時間を持ちたいと思う。。。
あの感覚だけは、15、6年親しんでたのだから、忘れる事は無い。。。

かなり「おセンチ」な本日2本目の書き込み。

では、また!
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-23 18:50 | 遊び

何に恐れを持ちましょうか?

闇夜は恐くはない
むしろ安心を覚える
静寂の中 自身も静かに呼吸

光が降り注いでも
気持ち良いと感じる
喧噪の中 自身それに身を隠す

何がおかしいか?
自分がおかしいか?
周りで起こる事が?
自分で導き出した事が?

幸か不幸か 身体も頭も一つしかないから
いつも人の事ばっかりは かまってられない
かまってたくもない
かまわれたくもない

特に誰かに頼ろうと思わないから
君も誰かに頼る事無く
自分で光を放てるように

暗闇に飲み込まれるのも
自ら光を発するも

それも自分の選択に委ねられてるね
[PR]
by trequartista5 | 2006-03-23 14:05 | 光と闇