<   2004年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ごった煮

今年も色々と、、、
楽しかった事、悲しかった事、気持ち良かった事、気持ち悪かった事、笑った事、怒った事、泣いた事。。
ってか泣いたのはそんなに無いんやけれどね。。。言うたら感動的な映画の予告編観て泣いたとかな、、、逸れたな、話。。。
とにかく(笑)、色々な事が在った。

やっぱし生活が根底から覆されたのは「小屋」である「trequarti hair」を開けた事だね。
今までの仕事に対する認識が通用した事も在ったし通用しなかった事も在った。
これから、少しづつ、なんなりと変化して行くのでしょうな、俺。

で、プライベートでは、かなり浮き沈みの激しい1年だったな。
家の事、自分の事、人の事。。。
どうしてこうも浮き沈み激しいのか?と問うと、その答えはきっと自分でしか見えない事だろうし見えてるような所も、全く訳が解りません!って事も在り。。。
これもきっとまた少しづつ、変化して行くのだろう。

感謝の気持ちを今年は巧く表現出来る事も少なく、数年ぶりの「不器用な自分」ってのがまた目を覚ましよったけれど、ま、それはそれで、それもこれからきっと変化するのでしょう。

大人なんかにはなりたくはないって思ってたけれど、周りの環境がそれを許さないって事にもぶつかったりしたけれど、これからは色々な事を軽〜く受け入れて行こうと、、、
来年のテーマっすね。
そうそう、来年のテーマってのはこの前ここに書いてたっけな?
やっぱし「パズーのように!」ってね(笑。

今年は色々、悪い事の方が見える自分になってたなとか。
それもきっと「必然」なんだろうけれど、来年はまた違った「必然」に出会う事になるだろうし。
前みたいに、「能天気に良い事ばっかしが見える」ってのはきっと無いと思うけれど
そこを巧くmixして行こうと誓う大晦日1日前。

全ての物事、人、時間。
俺に降り注いだ明かりも、俺に降り注いだ困難も、悪い所が見えてた俺も、
良いとこ見えてた俺も、卑屈な俺も、素直な俺も。。。。。
とにかく全てに「バカヤロー!」そんで「ありがとー!」。

あかん、、、肩痛くなってきよった。。。

みなさま、皆様なりの、皆様らしい、「良いお年を」。
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-30 20:31 | 徒然

首がぁあああ〜

首から肩甲骨辺りの筋が「つって」しまいますた。
左腕、同肩が巧く動きません&首が回りません。
筋違いでしょうな。
因って右手一本で打ってます。
今日はもうおしまい(苦笑。
今日はせっかくの忘年同窓会なのに。。。
因って、明日の最優先は「接骨院」or「鍼灸院」。。。
さよなら大掃除。
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-26 15:40 | 髪切り小屋

秩序脈絡なし

やっとと言っていいくらいの「ボンバー中沢選手」の海外移籍が騒がれてきましたな。
この人はきっと日本人の中では異例なDFになりうると思われて早数シーズン。
「フィードが駄目だ」なり「足下には弱い」なんか言われてきましたがそもそも日本人で187cmはやっぱし凄い。
で、アジアカップではハイボールを数多くその「爆弾頭」で跳ね返し。。。
この前のドイツ戦に出場出来てればもっと海外から注目を集める事になったろうなとかなり残念に思ってましたが、やっぱり海外のスカウトの本気を呼び起こしてもらいたいもんです。
で、背の高さってだけではやっぱしあれほどは「壁」にはなれませんね。
背のそれほど高くないFW、元チリ代表のサモラーノがインタビューで「何故にヘッドでそれほど点が穫れるのか?」と聞かれた所「大切なのはスペースに飛び込むタイミングとポジショニング」と答えてましたが、やはり中沢選手も成長したのは「ポジショニング」でしょう。
でなければ背が高いからと言ってもあれだけ跳ね返したりは出来ませんよね。
マリノスサイドがどう考えてるのかは解りませんが、早く海外でボンバーウォール」を披露して、一回り、二回り大きくなって貰いたいのです。

昨日は大阪から元「ネット仲間」が髪を整えに来られました。
よくよく考えてみれば「高速道路乗り継いで、片道1時間半」かけて来てくれて、おまけに「クリスマス用」のお花までもお土産(営業協力?)+ケーキ(めっさうま!)付きでおまけに小屋にはガレージ無いから駐車場代までもかかるのに。。。
その分、いつも以上に気合い入れて創ったんですけれど、気に入ってもらえてるってのが一番の「お礼」だと思うので、本人も、回りの人達にも褒めてもらえてると良いんですけれどね。

で、昨日も当たり前ですが労働でして、その後驚きが在りました。
小屋で洗濯待ち時間利用してネット遊びしてましたら「コンコン」とノックの音。
で振り向くと数日前にカットカラーしたお客さんが立っておられました。
その方は髪も多くて癖が強い髪質でかなり苦労なさってたと思いまいたので、強烈にウェーヴの出る、前髪まわりにポイントストパーで「よれよれ」程度に伸ばし、くせ毛を利用した「ソフトウェーヴで柔らかい雰囲気」狙って創ったのですが。。。
僕たちの仕事はまずお客さんが喜んで帰るかどうか?ってのも在りますがその後の人の評価やら手入れの簡単さなんかも関係します。
やから実際の評価は次に来られるまでははっきりは解らないってのが在りますが、ドアに立つ彼女は「クリスマスプレゼント」を下さいました。
で、髪を観てみると狙い通り!。
全ての人に気に入られる事はなかなか難しい職業では在ろうけれど、やっぱし「次の来店」までに気に入ってくれてるのも解ったし、嬉しく感じます。
最近は、個人的に「次」が創りにくくなるから避けていた「ディスコネクトカット」も適度に採用して髪のデザインが膨らみました。
勿論、「次にスタイルチェンジする時には考えて変えないといけません」との由、伝えた上でですけれど。
今年は8月に小屋をオープンしてなんだかんだとゆとりは無かったですけれど来年は念願だった自分で「考える」「創ってみる」自己練習(遊び?(笑)をはじめれそうでそっちも楽しみです。
クリスマス用のレイアウトが2つ増えました。
一つはお花ですから「美しき花は枯れる過程までもドラマが在る」とは言えいずれは小屋からは消え、記憶にしか残らないけれど、もう一つの「置物」は季節感無視して飾らせてもらおうと思います。
そんでそれ観たら「お花」の記憶も蘇ろう。

昨日は一人寂しく(つっても特に寂しくなってなかったりしたけれど(苦笑)「ラピュタ」観てました。
流石に何回目か解らないくらい観てますから「それほどか?」とか思ってましたが、、、
やっぱし「良い!」。
友達にメールしましたが僕は「これからはパズーを見習って生きよう!」って。
同時に「シータのような強くてか弱くて、品性も備わる女性と出会いたい!」って。
アニオタに片足突っ込んだか?(大笑。

今日は土曜日。
明日は高校の友達が年に一回集まって、昔ながらの「やんちゃなガキ」に戻る「同窓忘年会」の日。
年に一度しかみんなで集まったり、はめ外したりってのは出来なくなってますが、始めは「お!?みんなそれなりに大人な事言ってるな〜」と感心したりされたりしながらも
時間が経って酔いが回り始めると「やっぱし根本は変わってないな〜」って変化します。
その酔っぱらいの会ってなってからが、毎年みんな楽しんでるので今年は率先して回ってやろうとか。
子持ちもいれば独身も居て、仕事も呉服屋さんから絹関係、バイト君にボイラー技士と僕、高校生の頃からでは進んだ道はそれぞれやけど、やっぱし、その違いを確認するのもまた楽し。
で、月曜日は必ずや「部屋」のほうの大掃除を決行せねば、、、
あんな乱雑な部屋で気分新たな新年は、、、僕は嫌だ〜!(泣。
大掃除して気分よく、その日の夜の「マトン食おう会@小屋近くの連れん家」に参加出来るように、、、って考えたら前夜の「同窓忘年会」は、、、
ま、いいや!気にせんと呑んではっちゃけてやろうとか(笑。

にしても、本当に「師走」実感してますな〜。
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-25 14:44 | 徒然

この曲は

僕には姉貴が居るのですが、この姉が好きな佐野元春のかな〜り前の曲なんですが
妙に記憶していまして、楽しいクリスマスのイベントの時も、必ず口ずさんだりする。
僕はそれほどファンって事は無かったはずなんですけれど、やっぱし少なからずは音楽に対して姉貴をはじめ、家族から影響受けてますね。
んで、クリスマスソングなんだろうけれど、特に季節関係なく急に「ふと」自転車乗りながら、風呂入りながら、パーティー明け、仕事中、色々な時に歌ってたりします。
リズムが当時には珍しい「裏」でレゲエな雰囲気で。
どこかほのぼのしとるんですなー。
それでいて少し世に言うクリスマスに対して「アンチ」な感じにも捉えられる(俺だけか?)。
そんな「いつの間にか頭から離れなくなった曲を(メロディーは無いっすけどね)
要らん言うても、あなたに(ってまたこれか(自笑。

雪のメリークリスマスタイム
揺れる街のキャンドルライト
道ゆく人の波に流れるまま
Christmas Time In Blue

街の Little Twinkle Star
夢に飾られているけれど
かまわないさ このままで
歩き続けよう
Christmas Time In Blue

街の輝きは
やがて にじんでゆく
時の流れのままに
約束さ Mr.サンタクロース
僕はあきらめない
聖なる夜に
口笛吹いて

街の Little Twinkle Star
揺れる街のキャンドルライト
いつの日も君は
輝きもそのままに
Christmas Time In Blue

愛している人も 愛されている人も
泣いている人も 笑っている君も
平和な街も 闘っている街も
メリー・メリー・クリスマス
Tonight's gonna be alright

大切な人も 離れてゆく人も
よく働く人も 働かない人も
うまくやれる人も しくじっている人も
メリー・メリー・クリスマス
Tonight's gonna be alright

お金のない人も ありあまっている人も
古い人達も 新しい人達も
教えてる人も 教えられてる人も
メリー・メリー・クリスマス
Tonight's gonna be alright

世界中のチルドレン
Ring - a - ring - a - roses !
憂うつな時も ひとりぼっちの時も
平和な街で 闘ってる街で
Ring - a - ring - a - roses !
Tonight's gonna be alright

Sha la la la la la
Tonight's gonna be alright
Tonight's gonna be alright ...
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-24 10:30 | 徒然

今日が祝日とは

全く知らんかったけど
今日は天皇誕生日やったんねー
お向かいの工務店は閉まってるし
平日なのに小屋忙しいから少しはおかしいなと思ってたら
最後のお客さんが

祝日でも閉店時間は同じですか?

で、気が付きました。

昼ご飯食えんかったから今日は美味しいモノ食べよう。
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-23 18:57 | 髪切り小屋

クリスマスと言えば

小さい頃のクリスマスの想い出ってのはろくなもんではなく。

あれは僕が小学校の低学年、、、1、2年生の頃でしょう。
24日の夜にプレゼントを「親が」くれる事を理解した初めてのイブ。
外から遊んで帰ってくると両親が「ここは日本だから今年はプレゼント無し!」って言われてしまいました。
姉と母、父の三人はな〜んか平然としてたな〜。
で、勿論プレゼントに車のプラモを希望していて、もらえると思ってた僕はだだこねてました(苦笑。
すると、僕が多分(記憶がはっきりしてませんが)だだをこね過ぎたのでしょう。
親父、おかん、姉貴の三人が「あんたみたいなわがままな子供は、勝手にそこでだだこねてなさい!」と出て行ってしまったのです!。
寒空の下、外で走り回って遊んでた僕はお腹は減ってるわ、クリスマス期待してたのに怒られるわ、挙げ句、家族は僕だけ残して出て行ってしまうわってんで、しばらくは家でしくしく泣いていました。
子供心に誰もいない時間は凄く長い時間のように感じてましたが、きっと1時間も無かったかもしれないけど、それはそれは、悲しかった〜。
で、しばらくしたら親と姉貴が帰って来て「僕を少しがっかりさそうと思ってたのにあまりに僕がだだこねるもんだから」とプレゼントとフライドチキンを持って帰って来たのですが。。。
「なんでそんな嘘言うのか〜!しかも姉は知っててグルになって〜!」と安心したのと僕だけが家族の中で騙されたってので怒り出してワンワン泣き叫んでると、、、親父にたこ殴りにされました(大笑。
今だから笑ってられる話ですが、当時は、いや、当日はかな〜り「ばつの悪い」クリスマスだった記憶が数年間残ってまして、小学5年生くらいまで、なんかクリスマスって好きでは在りませんでしたね〜。

20歳の頃クリスマスイヴ当日は美容学校に通ってた頃でもあり、その日も祇園に在る美容室でバイトしてまして、場所が場所だけに「ぺーぺー」にはそれはそれは「きっつい」扱いでしたから、他にも漏れずその日もお客さんにコテンパンにやっつけられておりました。
祇園から帰る道中、四条大橋辺はカップルでごった返してました。
「良いも〜ん、今年は彼女居らんけど、帰ったら家族で美味しいご飯食って明日からまたバイトやも〜ん」っていじけ半分で家に帰ると、、、「今日はこれでご飯食べて来なさい、、、父」と書いたメモ用紙と1000円札が誰もいない家に。
で、近所の行きつけのお好み焼き屋に行ってみると「臨時休業」。
中華料理屋はなんでか早い事閉まってた。
で、ファミレス行ってみるとカップルばっかし。。。
「こうなれば一人でケーキ食べてケーキで腹一杯なってやる!」と自転車でケーキ買いに走る事数10分、ケーキ屋に到着した僕は愕然とした。
当時は僕が苦手としていた「抹茶ケーキ」しか残ってない。。。
その日は抹茶ケーキとチキンラーメンでイヴを過ごしました(ひもじ〜。

他には結構楽しい想い出もありますのですが、楽しい事書いてしまうと「自慢か?」やら「懐古主義か?」って自分で突っ込み入れたくなりますので、今日は「とほほ系」なクリスマスの記憶を、
嫌でもあなたに!(笑。

楽しかった想い出はイヴ当日に、、、書く事になるのか気が変わるのか?(笑。

今年は、、、勿論仕事っす!
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-22 12:38 | 雑談

休日

今日の午後に思い出したのですが、今日は第三日曜日だった。。。
ってな事で、今日は「定休日」だったのだ!(笑。

一昨日に友達の友達が予約入れてくれたのですが全く気が付かず。
で、今日になってその友達の友達がキャンセルになってそこで初めて気が付いた。
けれど、せっかくだからって労働覚悟!ってか楽しみ!ってな感じで今に至っております。
すっごいくせ毛で毛量の多い方のカットカラーでしたが、巧くいきました。
前髪の癖がおっそろしく出てる所は部分ストパーして他は巧く髪を鋤いて良い感じのくせ毛風のパーマかけたような感じに仕上がって、自他ともに満足。

でも、、、やっぱし忘れてたとは言え、休日に身体を休めてないからか?年末で少し忙しくしているからか?ちょいと疲れてるので、今日は短いけれどこれにて!。

また火曜日に!ごきげんよーーー!!!
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-19 20:28 | 髪切り小屋

年末、、、されど。。。

曜日感覚がこんがらがってるって言うか、元々あんまり無いって言うか。。。
今日は週末、土曜日だったなんてちょっとビックリした。

さてさて、昨日、最近小屋用の雑誌を増やす事叶わなかったので小銭もって本屋さんへ行きまして、女性誌2冊買いました。
一冊は大人な女性の為の「家庭画報」、自分自身では「週刊誌はパルプの無駄遣い」とか感じてるから必然的にこういった本になるのですが、僕には縁遠い本な訳で、あんまり目を通す事は在りませんが、お年を召したお客さんが「週刊誌よりこれの方がなんか良いわな〜」なんて言うのを聞くと「買って来ておいて良かった」ってなります。
小屋の創りはそこそこ「若い人からお年寄りまで」って考えて作ったのですが、数少ない「おばあちゃん」なお客さんが楽しそうに読みふけってるのを見ると、、、横でPC触りながらちょっと嬉しく思います。
で、もう一冊は「FRAU」を買って来た。
買いたい本が何処に在るのか解らなくて、出勤時に本屋さんへ寄ったもんだから探す時間もなく。。。
でも、昔勤めてたサロンで読んだ中ではまだ読めるからってな理由で買って来たのですが、どうやら最近女性誌とはどうやら相性悪いのか、、、
またも「血液型別、女性の嘘の傾向」的な特集が在ってそれのはじめに「AB型は変わり者」とか。。。
読む気失せたので適当にスタイルチェック。。。
にしても、メディアってのは右にならえ的なものが多くて本当に辟易してしまってまつ。
今日の帰りに本屋さんへ行って時間かけて吟味して何冊か買って来よう。
やっぱし焦って探すものではないねー、本でもなんでも。

で、本屋の横では「年末ジャンボの最終日ですよー」の声につられて10枚購入。
何年ぶりに買ったかな?。
で、やっぱし、「当たりそうな番号やー」とかなんとか先走ってたりするのは、きっと購入者の多くと同じだろう。
それにしても「飛ぶように売れ」て行くその「紙切れ入りの封筒」。
恐ろしい「購買意欲の権化」。
不景気なほど売れると言うのは本当に思えるな。

昨日は友達と「親爺」にてチャーシューメン大盛り食した。
いつ食っても幸せ感じるおいしいラーメン。
親爺さん、いつもありがとう。

さて、カラーリングの用意だ!
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-18 16:51 | 徒然

ドイツ戦の個人的な感想(情報未取得時)

ってな事で昨夜のドイツ戦についてですが。。。
個人的には「予想内」の結果と内容でしたな。

やっぱり「経験と実績の差」が一番目についたかなとか。
ドイツサッカーは「ファンタジーが無い」とかって最近はあんまり人気がなかったりするのですが、僕は「有機的連鎖からの合理的な展開」ってのもサッカーの魅力と捉えてますので、日本びいきして観ない限りは楽しめましたね。
平均身長が186cmを誇るがたいの良い大男がスピードに乗ってスペースに走り込んでそこに正確な(受けやすい)パスが通る。
そんでその連続で相手の陣形を乱す。
日本代表の選手は勿論初体験な訳です。
例えば、ノルウェーやデンマークなどの北欧勢、とも試合をしたとは言えやっぱり「機能美」って点で観るとやっぱり「ドイツ」は別格ですね。

そもそも、体格に劣る日本が目指すべき一つの闘い方は「ドイツサッカー」なのではないか?と感じてましたが、やはりジーコにはそう言った日本のスピードを活かし切る「機能性」ってのは、それほど「コーチング」してないのでしょう。
確かにドイツのサッカーは「大きな人」がやってるから日本との違いは一目瞭然。
ですが、身体能力の中でも「小回り」くらいしか秀でたものが無い以上、集団での動きってのが無いと厳しい。
ドイツは大きな身体を活かして、それでいて「機能的な動き」をするのですからたまったものでなかったってのが昨日の代表選手の感想ではないかな?。
ドイツの選手ってのは推測ですが、身体が大きすぎて、テクニックって点ではやっぱり「堅い」選手が多く、テクニックに対応するには「機能」を求めざるを得ないって言うか、そうする事に因って「欠点を補う事」が「特徴を活かす」事に直結していると思います。
ブラジル、アフリカ諸国なんかはテクニックであったりスピードなんかを「活かして」陣取りゲームで在るサッカーに有効に適応してますが、そうでないドイツは如何に陣地を効率よく活かすかってのは、巨体利用してドドドドドーってスペースを身体で奪うってのが有効でしょう。
勿論、他の強豪国は「バランス」が取れてる事と、そのバランスの中の特徴を活かした戦術で闘って、結果を出して、そんでそれが各国の「個性」になってるのですが、日本はどうかと考えると。。。
ことドイツ戦だけに限らず今の所(ジーコ監督下)はな〜んにも見えませんな〜。
「テクニックは在る」と言われる日本の選手ですが、周りとの機能が在ってこそ活きるはずのテクニックで在って、ブラジリアンの「一人で打開するテクニック」とは違うのですよね。
あ、俊輔は除いて。
例えば中田ヒデは「周りを活かし、自分も活きるシンプルプレーのテクニック」の天才でしょうし、小野も同じく、テクニックって言葉で言えば俊輔にもひけを取らぬ程のテクニシャンですが。
昨夜の試合でも小笠原なんかが「巧いリズムのボール扱い」からドイツ選手を一瞬で交わしてましたが、それはそれでそこで「終わる」んですね。
それは仕方が無い。
下手だってんではなくて、日本の特徴がそうなんです。
「ドイツの選手を一瞬で交わして、直ぐにパス」って見事!ですが、、、その後の周りの連動性が無いからその後、せっかくの一瞬の数的優位(局面だったとしても)を活かす事が出来るはずの「次のスペース」が確保出来てないor見つけられてない。
ってなるととたんに「ボールを運ぶ」スピードが殺されてしまって、大きな男どもが陣形を整える。
で、隙が無くなって困るって言う場面の連続でした。
確かに藤田、小笠原が絡んで巧く崩した事も数回は在りましたけれど。
やっぱし単純に考えて「こんな大きい人達が自分たちより先にスペースに走り込んでくる!でかいから止められない!」ってこんがらがってたのではないでしょうか?。
それにはやはり「慣れ」るしかないと思われ。。。
ま、良い経験になったでしょう。
南米、北欧、東欧などの国々と対戦してきましたが、ドイツは「ドイツ」。
同じような体格を誇るオランダ、ベルギーなんかはWC優勝経験がないのにドイツは3回(?)制覇してるってのの違いは「有機性に富んだ連動する機能性」って所だったのですから、初めて体感する日本がこてんぱんなのも仕方が無いでしょう。
個人的には「良くやった!」と日本選手には感じてます。

高原はドイツに慣れている事は見て取れましたが、それでも「冷静」さを纏うほどにはなってなく、稲本はまだ身体が重いのか、スタミナが回復してないのか?。。。
プレミアでベンチ入り出来ないのが理解出来る内容。
やっぱり今回は招集を免除された海外組とは「落ち着き」ってところはかなわないからどんどん海外に出て色々な国の選手と闘える経験を積んでもらいたいと思う気持ちと、またそれとは逆に「日本人に適した闘い方」ってのを「オリジナル」で模索して行かないと(勿論、対外国戦の経験を活かした上で)、きっと今後の日本のサッカー界は迷走しそうな気がします。
ヒントはやっぱり「ドイツの連続する機能性」、クロアチアやスペインの「ボールを大切に回す技術+相手にボールを支配されても回させるいやらしさ」やコロンビアなんかのブラジル、アルゼンチンを除いた国の「細かくパスを繋ぐ(繋ぎ過ぎるきらいも在る)」なのではないかと。

最後に、、、
「このままでは、WC出場を逃す」って事も覚悟しておいても良いかもしれない。。。

僕個人的には勿論日本が出場するってのは願いでは在りますが、本戦に出ても「コテンパン」にやられるのなら、、、僕は他の国の「拮抗した、個性、狙い」が見える試合の方に興味を持って行かれます。

以上、個人的でエゴイスティックな、まさにこのブログ全快の感想でした!。

選手の皆様、お疲れさん!
世間の非難は気にせずに、この経験を糧に励んで、良いサッカーを「選手だけ(苦笑」で見つけて下さい!。←勿論、だ〜れも代表選手が観てるわけないのですけれどね。
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-17 16:05 | サッカー スポーツ

ドイツ戦

タイトル通り、ドイツ戦です。

さてさて、日本代表の方はと言えば
「中田ヒデ、小野、俊輔、柳」が今回は欠席。
たまーにそのバランス感覚から例えられる「将棋」で言うなら「王将、飛車、角抜き」。
ラーメンで言えば「ダシ、麺、チャーシュウ抜き」。
んで、DFラインも「宮本、中沢」も怪我で欠席。
ん〜、、、これは期待感が半減以下ですなー。
僕の仕事で言うなら「パーマ」なのに、「ロッド、ハサミ、パーマ液、シャンプー、ブロー無し」ってな感じでしょう(僕の中だけで)。
稲本の怪我明けの調子を確認ってくらい。
しかも「寿司ボンバー」改め「鯵のフライ」に格下げされた高原が言う「ボールを繋いで行ければチャンスは在る」って、、、
日本代表はパス3本繋がれば良い方で、その後は相手のプレスに押されてロングキックドーン!で相手にボールを奪われる@アジア諸国相手でも。
相手はバラック、クローゼなんかは来日してる「半分くらいは本気」のドイツですぜぇ!旦那ぁ!?。
とは言えドイツは日本戦の後に中3日で韓国、中2日でタイとの連戦。
おまけに「カーン」は日本戦だけの出場って言う「外貨稼ぎ」ツアー。
ま、ブンデスリーガはもう冬休みに入ってるって言うからドイツの協会も「ほど良く身体を動かせて、コンディションを整え、しかもかなりのお金が転がり込む」って安易な発想。
またそれに乗っかる日本サッカー協会及びキリンビール。
んでそれを楽しみにしてしまう僕って言う、まあ、何とも言いがたいこの試合。
ともかく「サッポロ」片手に楽しませてもらおいうじゃないのさ!。

話変わって天皇杯では番狂わせ!。
草津温泉でバイトしながらJFLに加盟、J2入りを狙う「温泉街代表チーム」の「ザスパ草津」が後半に2人の退場者を出しながら延長で2-1でJ1チームに競り勝つ!。
相手は日本が誇る「BIGクラブ」の代名詞「横浜Fマリノス」!。
前期優勝してこの前のCSでは後期優勝圧倒的有利のデータを覆し、シーズン優勝を勝ち取ったマリノスから9人で決勝点を奪うなんてのは、いくら「負傷者7人」とは言え、クラブ関係者はもっと恥ずべきでしょうな?。
相手はJ2にも入れないチームですから。
とは言えそれがサッカーの楽しみって言うのは「弱小チームが巨大チームを倒す」事に無償の喜びを感じまくる僕にはすっげー嬉しい事なんですけれど。
こうなったら是非とも元日に「ザスパ草津VS浦和」や「草津VS磐田」「草津VS鹿島」なんてのが観たいです!。

あ、今日の試合をより楽しめそうな面白い記事がスポナビに。
アドレス貼付けておきますからコピペして飛んで観て下さい?。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200412/at00003317.html

ジーコの選手交代の遅れで怪我人が増えませんように!
(大久保とか怪我させたら、、、。稲本は絶好調時やったし僕が観てても「稲と小野はかなり疲れて来てるな〜、イングランドとは言え親善試合なんやから交代させんと怪我が怖い」って思ってた矢先でしたわ)。
[PR]
by trequartista5 | 2004-12-16 15:44 | サッカー スポーツ