カテゴリ:音( 21 )

高音質感

http://soundcloud.com/killa_db?utm_source=soundcloud&utm_campaign=share&utm_medium=twitter&utm_content=http://soundcloud.com/killa_db

みっちり長時間堪能を。
[PR]
by trequartista5 | 2011-05-06 02:23 |

日本には その類いの人種も多く居る

http://www.ustream.tv/channel/dommune

音に因ってリラックスし
音に因って元気の源を得る



うわ〜,,,ブッッットバして、最後は癒しを置き土産に終わって行った.
[PR]
by trequartista5 | 2011-03-19 00:32 |

持ってないし買う予定も無いけれど

ipad2用に開発販売されるGaragebandが凄い!

http://www.youtube.com/watch?v=ZMRTvU17dMI&feature=player_embedded

凄いなーって感心し過ぎてyoutube観ながら2℃程笑ってしまった.

今も「けいおん」って漫画のおかげでバンドブームみたいだけど、明らかにその形態は僕らのバンドブームの頃とは違ってるのだろうなーとか.
ってか今後のミュージシャンの作曲及び創作形態は確実に多様化するだろうし、そのおかげでまた違った音楽の概念が現れるだろうし...凄い事になって来てる.
今までそれぞれの楽器を購入していたはずが,一つの媒体でオールインワン的で、しかも今後はより感覚的な操作でって,,,まぁ音楽,作曲的な音の楽しみ方ってのは、もう一部のプロと呼ばれる人のモノではなくなるのだろうし,僕も何度か創った事のあるtechno的なモノなんてのは誰でも簡単に、当たり前に創れるような時代になるだろうし、小学校の音楽の授業なんかも「曲を創ろう」てな授業も割り当てられたりするのかもしれないってか、した方が良いと思うなー.
音楽理論を勉強してない人でも、凄い曲を感覚で創る人も出て来るだろう.
一人が何曲も創る事は難しいかもしれないけれどね.

で、リンク張っておいたyoutubeのデモ動画とか観ると「欲しい!」って思うのだけれど、、、
Garageband自体はmacbookにも入ってる訳で、それすら使いこなす前に飽きてor自身の興味が薄れて触ってないのだからって事で、取りあえずは家のmacbookでもっと遊ぼうってモチベーション高くなってたりするのです。
まぁ、いつも言ってたりする通り音楽は「音で楽しむ」ならなんでも良いのだからねぇ。
korgのwavedrumとfenderのjazzbassとGaragebandって充分遊べるとか思うもんなー
宝の持ち腐れだわなー 勿体無い...

まだまだ寒い今の間に、家で楽しく音楽って思うけど、確実にユナタソ(黒猫8ヶ月)が邪魔するのだろうなとw
[PR]
by trequartista5 | 2011-03-06 16:04 |

なぜかいま宇多田ヒカル けどまぁそれもまたよし

僕の椎名林檎好きは良く知られてる訳だけど
宇多田ヒカルもけっこう昔から好きだったりする
特に「Travering」以降の曲はアルバム単位でもたまに聞いてたりしたけど
なぜか今頃,ドップリとハマってたりする.
今年に入ってから「Rubyorla Plays Tenori-On」にハマってなんやかんや通って行き着いたりした,
で,良く聞いてみると,,,もうメロディーメイカーとしてやらvocalistとしてやらアレンジャーとしてやら,もう凄いなって感心しきり.
楽曲のセルフプロデュース能力ってのが凄いなぁと.
で,歌詞の世界観もじっくりゆっくり聞いて読んでしてみたりすると,,,
例えば椎名林檎は「女の性」ってのを全面に出してる,ある意味椎名林檎と言うキャラを演じてる,あるいは椎名林檎ってキャラを通しての詩の世界で,深くてよりドロッとした世界のようだけど,その実,虚も含まれてる.
まぁそのバランスの妙ってのが椎名林檎的な素敵なところな訳だ.
で,宇多田ヒカルの方はより「自分の内面」を素直に詩に投影してるような印象を受ける.
「ULTRA BLUE」あたりなんて,もう自らが宇多田ヒカルである事が辛いかのような詩世界も,恋愛に絡めて表現されてたり.
「誰かの願いが叶うころ」は「映画キャシャーン」の主題歌でその世界感は映画の世界を表してそうでありながら,実は実生活からインスパイアされた詩世界としか,自分には思えず...
けど「HEART STATION」に流れ着くのだけれど、少し宇多田ヒカルの愛情が自分ではなくてファンや友達的な人に向けられてる傾向がより強くなってたりする.
だがしかし,,,アルバムの中で,よりホノボノ感のある「僕はくま」の世界感が自分には凄く切なくて,ゆえに凄く愛しく感じたりする.
宇多田ヒカルの持つ「繊細ゆえの弱さ」と同義の「繊細ゆえの純粋さ」,自らがアーティストとして置かれている「大人だらけの世界」の中で,懸命に,ひたむきに守ろうとする「幼児性的純粋」さ.
「しゃべれないけど歌えるよ」ってのは逆に言えば歌えても会話は出来ないし,踊れるけど歩いてはくれない.
それでもやっぱり「くまカワユス」って言う,,,
誤った方向の解釈なのだろうか?(大笑.
ともあれ,「自分も聞いた人も,色々さみしくても それでも くまは可愛い」ってな世界観のホノボノ系応援歌的な歌だと思える.

で,個人的に嬉しいのが無期限休暇前の「goodbye happiness」の世界感は「宇多田ヒカルの持つ幼児性的純粋さ」ってのが,素直に 前向き(これ重要)にリスナーに放たれてるって事だな!
そう,宇多田ヒカルのそう言う純粋性が強さとしてファンに届けられてる,素晴らしく宇多田ヒカルの愛が溢れた曲で,休憩をとるって決めた事に因って自分の信じたい世界観に自信持ててるんだろうなぁとか。
普通の女の子的な世界に取りあえず戻ろうって決めただけで自信回復するって,宇多田ヒカルのおかれてる状況ってのは彼女にとってはすっごく厳しい世界だったのかもしれないって感じる自分がいる訳さ.

歌い手としても,創り手だとしても凄く好きなアーティストさんな訳で,無期限休憩を残念に思うのだけれど,反面「自分が本当に歌いたいって思うまでゆっくりじっくり生活堪能してください.その時が来る事がもしもないとしても,どうか幸せに生活してください」って思ってたりする.

そんな事考えてたら思い出した事がある.
「さよならコンサートでマイクを置く山口百恵」を見送るファンも,きっと同じ心境だったんやないかなぁ...。
とにかく「ありがとう」な感情だったはずだわ.
アーティストへのリスペクトは当たり前に感謝として返されましょうしね?


さて,,,どうまとめよう?(笑

まぁ 宇多田ヒカルと椎名林檎は僕の中では
アーティストと呼んでいる数少ないミュージシャンのうちの2人であるのです.
お二人とも 本当にどうもありがとう(多謝
[PR]
by trequartista5 | 2011-02-12 01:43 |

永遠に近いと感じてた けどそれはただの願望だった

うつつの世界で一度 自らの死を突きつけられ

浮き世の世界で再度 自らの命を与えられた

今この時この空間

のんきに構えを解いてみたりして

壁の向こうにあるはずの銀河眺め

人として人を見て 人として人に見られ

大切だと感じていた けど 現実には 大切だと信じていた

希望と言う名の服を全て脱いだその時

残ったのは本来 自分が持っているモノに近しい

そんな心地良き振動

生きながらも 無理なき音階

真正面からぶつかる冷たい空気が

僕に優しく歌ってくれてた.
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-27 00:00 |

われ、2日前 初見 驚き 開き直る

サッカーばっかり観てたけど こういう風向きも
b0041152_14495931.jpg

[PR]
by trequartista5 | 2010-06-23 14:50 |

声質

今日は午後からbob marley.

この人の声の暖かみは厳しさを内包してるからより深みが感じられて よりやんわり出来る.



って事で,,,なんでこうも月曜日は天気荒れるかね!?みぞれって酷くね!?

けど,まぁ シャキッとする空気感が去るってのは そはそれで寂しいもんなんだけどね.
[PR]
by trequartista5 | 2010-03-29 19:52 |

人生初の裏打ち(裏ノリ)がなんなのかを理解した

母を尋ねて3千里 のエンディング



な訳やね.
[PR]
by trequartista5 | 2010-03-12 01:57 |

ええ ルーツっす.

随分前にprince(初期)の事うだうだ書いてたと思う.

きのうwikiってみたら,princeって,,,めっちゃくちゃアルバム出してたんね.

diamond and pearl までしか知らないけれど,あまりの多さに追いかける事を諦める.

けど,確実に音楽史上名を残す人になってたなぁ.

曲数が膨大ってだけでも,やっぱり才能なんだろうな.

さてさて,今回は

「The power station」

って昔のバンドの

some like it hot

って曲.

他の曲もかっこいいけど,この曲はずば抜けてかっこいい.
んで今にして思えば この曲もfunkなんだけど,当時は無意識に「かっこいい!」って思ってたので
より深くカッコいいと思えるな,うん,今でも.

で,この曲は隙間が素敵で,やっぱしミニマルって言うか princeのwhen dov's cryの隙間感にも通じるって言うか
やっぱりルーツなんだろうな.

で,さっきから久々に聴いてみてるけど,,,まじカッコイイ!


guiterの単音リズムがちょー素敵!b0041152_211052.jpg
[PR]
by trequartista5 | 2010-01-15 21:10 |

上も下も右左も光も影も

カテゴライズ不要

愛想笑い不必要

逸らされる 先に逸らす

理解求めず 解放のみ望む.
[PR]
by trequartista5 | 2008-04-09 21:18 |