カテゴリ:おす!俺 元代表監督!( 14 )

おっす! 俺 元代表監督!!!!!!!

問い1
日本の16強進出の感想を

あー、やはり全員が戦える選手に成長を遂げたと言う事でしょう。
選手の一人一人のスキルも、より実践でも通用する術を身につけている。
デンマーク戦での本田のあのアシスト前の切り返しなど、MFの選手があのスペースで狙うようなプレーではない。
ブラジルの選手じゃあるまいし、あれには驚いた。
え〜、あの本田と遠藤のFKは見事だった。
結果論とは言え遠藤を育てたのはわたしだと言う事を日本の皆さんには理解していただきたい。
わたしに見る目がなかったのではない。
わたしの国ではこんな言い回しがある。
「ブラジルは 崖から蹴落とす 獅子おらず」
そうライオンがいないなら何を崖から蹴落とすか?
そうなると、やはりガチャピンと呼ばれる遠藤しかいないだろう。
けっしてオシムが育てたのではない。
わたしだ。
あ、そそ、ガチャピンの相棒はやはり阿部、顔のパーツの配置がムックっぽいからきっとフィーリングが合うのだろうとわたしは分析してるの。
そそ、例えば、クアトロ〜やら3Rやらね、なんかこう、やっぱりしっくりくる「響き」ってのがわたしは大切だと思うんだけどねー
そんで、わたしの分析に日本の長所を語らせるなら、やっぱしCBの2枚は「野武士&落ち武者CBコンビ」ってね♪ 
んでガチャとムックでしょ?
両翼は「美技と野獣」そんでFWには「口もでかけりゃエラも張る」控えには「榎茸」に交代で追加点穫った「駆け巡る地蔵顔」に両サイドBKも地蔵。
三人の地蔵に因る地蔵ストリームアタックだ!ってねー
そんでキャプテンはまともってのもまた乙なもんでねー。
って事で王国ブラジルのこのわたしが思う事は、サッカーで最重要はキャ・ラ・ク・タ・ァ。
岡田は良い人選をしたと思うわ。
あ、そうそう今度日本のCMに出るの。
leaf 21とか言う、なんか植物の生長を促進するようなCMっぽくない?、
アルシンドと一緒に出るらしいの。あのつるっ禿と一緒だってーw
しかもそのCMの後、凄く若返るって話なんだけど、植物が生えて若返るっての?ないない!
植物が生えて若返るなんてあり得ないわよねー
マイナスイオンか!?ってねーw
髪が生えて若返るってンなら別だけどねーw
あ、そそ、次の日本の相手のパラグアイなんだけどね。。。
フィジカルの解釈がまた違うから気をつけて(キリッ)。
そんで夜の試合は特に強いと思うのよー、羅列代えたらパイアグラってねーw

最後に日本の皆さんにブラジルの古い言い伝えにこう言うのがあるの
「その者ら青き衣を纏いて新緑の野に降り立つべし」
今大会の日本代表を予言していたと言う事よ(キリっ)
あ、そそ、その言い伝えってのは、オウムって大きな虫が風邪の谷を舞い飛ぶってところから始まってねー、、、、、
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-26 22:56 | おす!俺 元代表監督!

おっす! 俺 元代表監督!!!!!!

問い1
もう直ぐデンマーク戦が始まります。
試合の展望を


まずは昨日の試合を振り返ってみたい。
昨日は奇麗さっぱり予想が外れてしまった。
イングランドはスロベニアに勝利出来ないと思っていたし、オーストラリアに至っては、セルビアに負けるとまで思っていた。
ここまで予想が外れてしまうと、案外清々しい。
そして今日の試合ではイタリアに負けるだろうと考えていたスロバキアが勝利した。
ピルロが入って明らかにチームが変わったが、、、イタリアは彼をフルに使えなかった事が大きな打撃だった。


さて、、、
私がデンマーク監督ならどうするか?
ロングボールとパスを繋いで崩す、そう言う当たり前な戦いをバランス良く使いながら挑もうとするだろう。
そして日本のチームがその狙いをケアして来る事は解っている。
それでも両チームはそれぞれが自分たちのプレースタイルで戦うしかないだろう。
それほど器用でないチーム同士の戦いだ。
そして一番の注目点は、特に大会中の両チーム共に「カウンター」が主な戦い方だと言う事だ。
日本は大会前まではボールを繋ぐサッカーを模索していたし、大会中の戦い方を観て「今までは何だった?」と言った批判もあると聞くが、、、
そのボール回しが活きるのか?活かせないのか?がはかれる、凄く魅力ある試合になる。
そして、日本のみなさんに良く見てもらいたいのだが、前の2試合でもわたしにはボール回しの効果を観る事も出来たのだが、例えば守備時にショートパスを繋いで安全地帯にボールを運ぶなどのプレーで見えている。
ただ、それを攻撃で活かせるかどうか?
勝ちにくるデンマークだからと言っていきなりデンマークがスペインになる訳ではない。
デンマークもしばらくは彼ららしいいつものサッカーをしてくるだろう。
そこで日本は如何にボールを回し、相手のスタミナを奪えるか?
あわよくば得点を奪えるか?
だが、やはり急に日本がスペインやメキシコになれる事もない。
ただ無理に責める必要は日本にはないのだから、前の3、4人で如何に効果的なスペースを突けるか?が鍵になるだろう。


勝敗は、、、



セルビアにはこう言う言い伝えがある
「果報は寝て待て」
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-25 02:29 | おす!俺 元代表監督!

おっす! 俺 元代表監督!!!!

問1
いよいよ明後日に迫るデンマーク戦について

まずは昨日の北朝鮮vsポルトガルについて少し考えてみましょう。
スコアは7-0と言う今大会、いやWCの歴史上まれにみる得点差の試合だった訳だが、日本人は北朝鮮を「対岸の火事」と捉えていませんか?
韓国とアルゼンチンの試合と同じく彼らは「自分たちの良さ」で勝負をしかけた。
日本も次のデンマーク戦で「そんな結果は出ない」と誰が言えます?
オランダに善戦した事実が日本を狂わせる事になるのかもしれない。

セルビアにはこんな言い伝えがあります。
「戸締まり用心、火の用心」
一つの事を用心したからと言って、少し目線を代えれば、さらに用心する事がある」と言う事です。

確かにオランダとデンマークを比べると、オランダの方が総合力は上だろう。
デンマークの中盤ならなんとかなると考え易い。
確かに間違いではない。
実際にオランダ戦で魅せた戦いが出来るなら、デンマーク戦ではもう少し日本のポゼッションは増えるだろう。
だが、見方を変えるとデンマークはオランダにはない戦い方が出来る選手、戦術を持っている。
ベントナーだ。
今大会の出場国は最近のサッカーの流れに沿い中盤から攻撃を組み立てる。
だがデンマークはベントナーから攻撃を組み立てる。
それが何を意味するか?それは、攻撃の組み立てを、より高い位置から始める事が出来ると言う事だ。
それは日本が今まで「苦手」としてきた相手であると言う事でもある。
中盤にプレスをかけて相手の良さを消す事では日本はすでに世界を驚かせているが、デンマークは中盤から、ポストプレーから派生する攻撃と両方を高いレベルで使いこなす事が出来るのだ。
それでもベントナーが「高さ」だけの選手ならば然程心配は要らないが、ベントナーは足下もかなり巧い。
長身選手のそれをはるかに上回っている。
自ら突破する事も出来るし、ドリブルで引きつけて決定的なパスも出せる。

みなさんも日本と対戦するデンマークの監督になったつもりで考えてみてください。
中盤で思うように組み立てられないとするなら、日本が苦手な「裏へのロングボール」を使おうと考えませんか?
もしもデンマークがそう言った戦いを仕掛けて来たなら、あなたならどう指示を出しますか?
パスの出し手を抑えるのか、ベントナー本人を抑えるのか?
おそらくそのどちらかでしょう。
前者の場合、中盤からのパスを抑えるなら日本もそこそこは対応出来るでしょう。
しかし、デンマークが中盤を飛ばしてDFからのロングパスを狙うとすれば?
必然的に日本がプレスをかける位置が高くなる。
そうなると、日本は引いてスペースを埋める事が出来ずに、前線から追い回さないといけない。
疲労感も今までのそれとは違ってくる、大久保と松井がより走り回る事になる。
そう言った事を考えれば、日本が取るべき戦いが見えて来ませんか?
自陣に引いてカウンターを狙う今までの戦い方だけではデンマークに対してはは有効ではない。
そしてデンマークはオランダほど中盤が厳しくはない。
日本がボールを奪った時、勿論速攻が良い時には仕掛けるべきだが如何にDFとMFのラインでボールを回せるか?
その間にいかにDFラインを上げれるか?
オランダとの試合でもボールを回して攻める姿勢も魅せていた。
日本がデンマーク相手にボールを回せないと、誰が言えますか?

セルビアの言い伝えにこう言うのがある
「ララァ,ごめんよ、僕にはまだ帰れるところがあるんだ」

例えデンマークに日本が負けたとしても、あなたの人生が終わる事はない、と言う意味だ。
ゆえに、この試合も過度な期待や余計なプレッシャーを与える事なく、応援してあげて欲しい。
因にフランス代表は、下手をすれば帰る家を失うだろう。。。

さて、オランダとデンマークは似て異なるチームだ。
そして日本が不得手にしてるキャラクターを持つチームは、どちらでしょうか?
相手は始めから勝利だけを目指して来る。
日本の現在の力を知るには良い相手だと思う。
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-22 18:25 | おす!俺 元代表監督!

おっす! 俺 元代表監督!!!

問い1
今日の日本vsオランダの試合を振り返って

その前に、先ず、日本の皆様におめでとうと申し上げておく。
なぜなら日本の多くの皆さんが求めていた「負けても良い試合」を観る事ができただろう?
運があれば勝てた試合だと言う人も居るかも知れない。
日本の論調が「惜しくも敗戦! 勝てるぞデンマーク!」と流れるのかもしれない。

わたしの目から見ればきっちりとした実力負けだ。
前半は圧倒的にオランダにボールを支配されながら要所要所できっちりと守り、前半の終わる少し前から松井を起点に良い攻撃を仕掛けていた。
そしてわたしも少し驚いているが、松井の試合を司る能力だ。
カメルーン戦でも彼は試合の流れを創るプレーを実行していたが、オランダ戦でも同じように試合の流れを司るプレーを魅せていた。
前からテクニックと頭の良さで局面を打開したり守ったり出来ていたが、彼はこの大会では日本のジダンのような存在になりつつある。
そしてもっとも驚かされているのが大久保だろう。
とにかく彼は今全てに於いて切れている。
きっと世界中のサッカーファンの注目を集めている選手の1人だろう。
その2人と本田、長谷部、長友などが連動し前半終了間際で守りに入ったとは言え、あのオランダを押し込んで慌てさせるところまでは出来ていた。
後半に期待を持たせる内容だったが、その後半はじまって5,6分日本は2つの大きなミスをおかしてしまった。
ミスと言うより「戦わなかった」と言う方が適当かも知れないが。。。

後半直ぐにオランダはロングボールで日本の裏に放り込んで揺さぶりをかけて来た。
慌てた日本はオランダに後半の流れを掴まれかけていた。
その時にまたも松井が気の利いたプレーで攻撃に転じ、流れを引き戻し、五分にした。
1つ目はトゥーリオのプレーだ。オランダが日本の右サイドに侵入して来た時、彼が身体を張ればファールをもらえるが彼はそれをしなかった。
おかげでオランダの選手は逆に彼にファールをとらせる身体の入れ方をしてまんまと良い位置でFKを得たのだ。
そしてCKに繋がりそれでも今日の日本は耐え、遠藤がボールをドリブルで前に運んでいた時のプレー、それが2つ目だ。
彼は確実にクリアも出来た、ドリブルで進めば確実にファールをもらえるタイミングで相手がファウル覚悟のスライディングをして来た時、彼は軽いプレーで自陣深い位置でオランダボールのスローインを与えてしまった。
結果、ボールが中盤でフリーになっていたスナイデルに渡り。。。
後半の始まり、いや、その後の流れを掴もうとオランダは本気で攻撃し、松井の気の利いたプレーで引き戻した後に、日本の選手は軽いプレーで相手に流れを渡してしまった。
世界レベルのチームは2つの連続した相手のミス、軽いプレーを見逃さない。
なぜなら相手がプレゼントしてくれたボール、自分たちは労せずチャンスを得、相手は動揺するからだ。
完全に相手が1枚上手だったと言う事だ。
スコアまで接戦に見えるが舞い上がってはいけない。
ただ、悲観する事も勿論ない。
今日の試合に限っては世界のトップレベルが「1枚上」だったのだ。
2枚でも3枚でもない。
そして、世界が注目する両翼を持ち、日本人の特徴を活かしたサッカーを魅せ、世界中を驚かせている。
次のデンマーク戦も、サポーターの皆さんは心置きなく応援出来るのではないですか?
ただ最後に1つ付け加えておくが、セルビアにこんな言い伝えがある。
「結果が本質を知らせ、本質を歪める」
中村の起用は結果として巧く機能しなかった、そして中村自身も納得の出来るプレーではなかっただろう。
だが、それもただその時の結果であって、その結果にて中村が懸命にプレーをしようとはした事が見得難くなってしまうのだ。
ただ、今日は中村の日ではなかったと言う事だ。
そして交代で今の中村を使う状況を見極めるのは難しいと言う事も日本の皆さんは得る事が出来たのだから、中村を責めるのではなく、応援して戦力になるように導いてあげるのがサポートする事だと思う。
次の相手はデンマーク。
オランダとは似て異なる特徴、戦術を持つ国との対戦。

みなさん 色々と考えて楽しんでください。










問い1
同質問

いや〜、、、日本、良く戦ってたじゃない!?
わたし、ドイツWCの後にブラジルのメディアに「日本の敗戦はフィジカルが弱かったからだ」って言っちゃたのよ。。。
岡ちゃんがあんな試合しちゃうと、わたしの仕事が来なくなっちゃうじゃやないの!?
この前もドゥンガにあった時に「もっと面白い試合なさいよ?」って言ったら彼なんて言ったと思う?
「そんなだから数年で3,4チームの監督が経験出来たんですね」って彼、珍しく褒めてくれたの!!!
これってドゥンガから仕事の紹介があるって事じゃない?
ホント、持つべきものは、才能在る後輩よねー。
ブラジルにこんな言い回しがあるの。
「生徒は腐ったみかんじゃないんです!」
意味はねー、、、わたしのおかげで今の日本代表があるって事よ(笑。
そう、ワタシは別に腐った神様じゃないってわけよ!
日本のみなさん、そこんとこ忘れないで!
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-20 02:32 | おす!俺 元代表監督!

おっす! 俺 元代表監督!!

問い1
いよいよ今日行われるオランダ戦、試合の展望は?

先ずは今日のドイツとセルビアの試合について考えてみよう。
ドイツはオーストラリアに快勝していたがそれは予想出来た範囲だった。
なぜなら似た特徴とスタイルを持つ両チームで全てに於いてまだドイツが勝っていたからだ。
ただし今夜の相手セルビアはドイツに象徴される組織に+いやらしいと言えるテクニックを備えている相手だ。
ドイツに勝利する事もありえると考えていた。
簡単な試合にはならないだろうとは思っていたがクローゼが退場するとも思ってもいなかったが(笑。
そしてセルビアが早い時間に先制した。
実はそこでわたしはドイツが追いつき、ドローで終わると予想した。
が、結果は守り切ってセルビアが勝利した。
ではなぜ先制されて1人少ないドイツが同点にすると考えたか?
それはドイツ人のメンタリティにあり、実際、開き直って攻めるドイツほど厄介なモノはないからだ。
ゲルマン魂と言う呼び名があるが、その語源は戦争に因るモノだ。
だとしたら「あのドイツ」の猛攻から耐えられたのは、セルビアがドイツよりも近い過去に戦争と言う悲しい記憶を持っているからかもしれない。
国民もより希望を託して応援し、メディアも応援し、選手もより戦う、、、我が祖国ながら良いチームになっている(笑)。
WCと言う大会は代表が国そのものを表している側面がある。
スロベニアとアメリカも好ゲームだったが、明日のオランダ戦を控えた日本の事を話すにはこれで十分だろう。

さて、日本にも「木を見て山を見ず」と言う諺があるだろう?
セルビアには「気を見て顔を見ず」と言う諺がある。
不思議と同じような意味だ(笑。
先ず、オランダにあって日本にないものを考えてみよう。
フィジカルの強さと高さ、判断の早さ、プレーの幅と質、そして経験とそれに因る自信。。。
もう絶望しそうなモノだ(笑)。
だが逆も考えてみると、アジリティと規律と勤勉さと忍耐。
そしてフィジカルの弱さ。。。今大会はチャージに対して徹底されている傾向も見える。
そしてファウルする、受けるのが巧い選手が日本にも増えて来ている。
フィジカルの弱さすらも傾向や状況を巧く活かせば欠点でしかないとは限らないだろう?
セルビアの言い回しで「追いつめられたネズミがネコ型ロボットの耳を奪った」と言うのも在る。
オランダは現代サッカーに必要な要素の総合力の高い選手が揃っている。
でもそんなチームでも負ける時は負ける。
スペインもスイスに負けるしアメリカにも負ける。
なぜか?
サッカー、特にWCはサッカーの相性に因る要素が大きいからだ。
スペイン、オランダは第1節で最も完成度の高いチームの1つだったと言える。
世界を魅了する攻撃的なスペインは徹底して守ってパワフルなカウンターで沈んでいる。
オランダはさほど遠くない個性をもつデンマークに勝利しているが、日本はデンマークの持つ個性とは全く違い、機敏な動きを徹底してるチームに対してさほど経験は多くない。
そしてメンタルにおいても日本代表は直前の強化試合で強豪国に敗戦し、無駄に叩かれた後のカメルーン戦の勝利。
選手のメンタルは今最高潮に高いだろう。
サポーターやメディアの論調も一気に変化し、今まで罵った反動で本当の応援になりつつある。
そしてオランダは予選から順調に勝ち進み、デンマークにも2-0と言う完勝に拍車をかけるようなスコアで勝利した。
日本戦でもオランダを取り巻く全ての状況が勝てるとは考えて当然だろう。

日本にとって非常に厳しい試合になる。
だが、特にWCの面白みはその国の全ての特徴がサッカーに現れる。
オランダは昔から多かれ少なかれ内紛が起きていた事実もある。
自由で享楽的な世相に因って忍耐に於いても長けては居ない。
日本が現在持っている特徴を全て巧く活かせたなら、オランダは上手く行かない事でより上手く行かないって可能性もある。
そして試合順に恵まれているのは、後のデンマーク戦に確実活きると言う事。
ひつこいが明日の相手はグループだけでなく、全出場チーム中でベスト8には確実に入れるようなチームだ。
簡単ではないし、明日の試合がどのようなアプローチで進められるのか私には解らない。
「ネコ型ロボットが少年を駄目にするとは限らない」
セルビアの言い回しで「helpをどう捉えるかはその人次第」と言うような意味ですが、どうかサポーターの皆さんも一体どう戦うべきか考えながら応援してください。
サッカーと言う「GAME」に対する愛情が強い国民性を持つ国が強いチームを育てるのです。
そして更に言えば、実は今の代表が最強かもしれないと考えてみても良いのではないですか?
あのブンデスリーガでバイエルンを抑えて優勝したチームのレギュラー選手がいて、フランスリーグで怪我絡みでなければスタメンを張って来た選手、海外を渡り歩いて来た選手、さらに高さと強さと少しの乱雑さがあるDF(笑)が増えて、サッカーをより理解してる選手も増え、戦えるサイドバックを得て、乗ってるキーパーも居る。
そしてawayのWC本戦で初勝利を挙げたチームである事実。
博打に勝った監督(笑)。
好きなモノなら褒めた方が、けなすより気分が良い。
クロアチアでは「巨人はボエエエェ〜と歌う」と言う。
下手な人程五月蝿いと言う意味だ。
またまたセルビアの諺にこんなモノもある。
「入浴中の少女が重要なのでなく、そこにネコ型ロボットと少年が現れた訳が重要 」
無駄な雑念は捨てて本質をみる、みせるべきだと言う意味で使われている。

さて、寝る前に最後にもう1つ


WC中は自分でも自己満足全開「土を得たモグラ」だ。
南アフリカの以下略。
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-19 03:19 | おす!俺 元代表監督!

しくじった。。。

スロベニアをスロバキアと間違えてた。
今からアメリカが逆転したとしても、スロベニアは全体にテクニックで勝る。
アメリカとスロベニアなら勝敗は予想出来ない。。。
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-18 23:23 | おす!俺 元代表監督!

押す!俺 元代表監督!

問い1
ドイツVSセルビアを観ての感想を

まず、今日の試合を少し振り返ってみたい。
ドイツがオーストラリアに大勝したおかげでセルビアから勝点3を得る事も難しくはないだろうと思った人も居たと思うが、私はそうは考えてはいなかった。
前半にクローゼが退場するとも考えてなかったがね(笑)。
どちらかと言えばセルビアに分があると思っていた。
日本にも「木を見て山を見ず」と言う諺があるのだろう?
選手の能力とキャラクター、監督、コーチ、国民性、サポーターの応援の質とメディアの的確な報道、そしてWCの場合は国の状況までもが試合を司る要素にもなる。
セルビアとドイツの選手のフィジカルの特質にそれほどの差異はない。
いやらしさも含めてテクニックと言う意味ではセルビアの方に分があるが、より機能に優れていると言えるのはドイツだろう。
オーストラリアに大勝した理由はそこであり、同じような特徴を持つ試合ではより経験の多いチームが圧倒的に有利だからだ。
そして、メンタル、、、ドイツと言えばゲルマン魂と言う言葉が示す通りメンタルが強い事で知られている。
実際にドイツが1人減り、セルビアが先制した時点で、ドローの可能性が高いと考えた。
1人少ない状況で、あとは攻めるだけ。。。これほどドイツの特徴が出やすい状況はないからだ。
ゲルマン魂と言う言葉の語源は、戦争だろう。
セルビアはドイツよりも近い過去に戦争を経験している。
国民の希望もより大きくて強く、選手のそれも強い。
セルビアが最後まで戦えた要素だろう。

このあとに控えるスロベニアとアメリカの試合も全ての要素をはらんだ意味で互いに簡単には行かない試合だと言える。
この試合はフィジカル的スピードを備えた個性を持つアメリカに分がありそうに思うが。。。

セルビアの言い伝えにこう言うものがある。
「3匹の子豚の家のベストは藁の家」
素早く動けるに超した事はないと言うような意味だ。
[PR]
by trequartista5 | 2010-06-18 22:51 | おす!俺 元代表監督!

おっす!俺 元代表監督!

昨シーズンは就任して直ぐにリーグタイトルを奪った男...
そう、元代表監督ね!
みなさん、ご無沙汰ー!!!

日本代表はアジアカップですっ転んだらしいわねー
しかも一人退場ってハンデまでもらっても、まーたしても無得点だったんだってねぇ〜(笑
ほんっとにねぇ もう同情しちゃうわねー
其れに比べて此処の選手は素晴らしいわよ!
おまけにコーチ陣も凄いの!
なんだかね「欧州と南米は違うから」って専門のコーチ陣が全て考えてくれるのね!
で、私は選手に伝えるだけ!ってね?凄いでしょ!?
まあ、わたしも馬鹿じゃないから解ってるわよ!
わたしは自らのカリスマ性だけを保っていれば良いのね
そう言う使い方って感じの柔軟性が日本人には無かったって言うねぇ...
今だからこっそり言っちゃうけど、実はカピタンにはちゃんと助言したのよ!
「コーチ陣にベンゲルかテンカテを呼ぶべきだ!」と。。。
って事で、みんなカピタンが悪くて、私の責任ではないの!
解ったら、これからの日本代表が「如何にして点を穫るか?」を議論なさい!?
あ、そうそう、この前オシムに偶然逢っちゃってねー ? 何処でって?
あれは確かー....オシムの部屋の前で(笑
勿論、偶然よ!オートロックがたまたま開いてね、マンションの住人と一緒に入ってたの、で、オシムの部屋番号のドアの前で立ってたら偶然出て来たの!
いや〜、もうびっくりよ!偶然って言うか奇跡じゃない?
オシムの部屋の前には今までにも7回くらいは行ってたんだけど、まさか出て来るとは思わないわよねー
だって、ドアの前に立ってる時間なんてたかだか長くても8時間くらいしか立ってないのに、その時は運命の悪戯を感じたわ、、、
あ、そうそう、オシムに尋ねてみたの、日本代表は今後強くなるのか?ってね
そしたらこう言ったわ
「わたしは日本代表監督を必死にやっているので暇はないが、神様はさすがに違う。ただ、神様が居ないとフェネルバフチェの選手たちも寂しがるだろうから早く帰った方が良いのでは?」
と。。。
そして肩をポンポンと叩いてドアを閉めた。。。
感動しちゃったわ 
私のチームの選手を気遣ってくれたなんて。。。
で、感動してね、思わず部屋のポストに手紙を入れて帰ったの。
もちろん返事用のメルアド入れてね(笑)
そしたらある日携帯にメールの着信音(♪
内容は一言「GOOD LUCK」
もうね、メル友よ!!!
みんなもうらやましいでしょ?
その後もしょっちゅうよ!
返事?ちゃんと来るわよ!!!
それがさっすがにオシムねー
こっちが送信してモノの数秒で返信が来るの!!!
ボスニア語か何か知らないけれど、読めないんだけど、なんか直ぐに返事来るから嬉しくって毎日20通くらいやり取りしてるわよ!!!

やはり本物同士は惹かれ合う運命!!!

じゃ、日本の皆さん、良いFWとSBが現れる事を祈ってるわ!
[PR]
by trequartista5 | 2007-07-29 22:52 | おす!俺 元代表監督!

シャワーの後 ホテルの一室 窓からバスローブ姿で夜景を眺め ブランデーを飲みながら私は呟いた

「システムって4-4-2以外も、もっと早く勉強しておけば、日本人にも文句言われなかったかもしれないってのは事実よね〜」
[PR]
by trequartista5 | 2006-12-06 15:27 | おす!俺 元代表監督!

おっす!俺 元代表監督!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ナンだって言うのよね〜・・・
なにが気に入らなくってバッシングするのかしらね〜。。。
トルコのマスコミは大嫌い!
いつでも批判しかしないんだから!
それにしても、やっぱし日本は「稼ぎ易い国」だったわよね〜
日本のマスコミも、総じて言うなら「みんな良い人」が多かったしね〜
なんでこのトルコって国は、今現在首位に立ってるって事を無視して突っ込んで来るのか?
ね〜・・・・・・・・・・・・・・・・・

ん?記者会見で変な事言ってないか?って?
わたしを誰だと思ってるのよ!?
神よ!神!
そんなわたしが変な会見して突っ込まれる要因創ると思う?
そもそも、この国(トルコ)のマスコミが意地悪なだけよ!!!
けど、この前凄い馬鹿な監督の会見を読んだわよ!
マスコミは嫌いだけれど、その時の監督は酷いものだったわ〜
あれじゃ、どこの国のマスコミも黙ってらんないわ〜ってな感じよ!
どんなだったかって?
あら、ちょうど良いわ!
鞄の中に確かその時の記事が載った新聞を、、、
あ、あったあった!
これよこれ!

記者「監督が就任してから、守備が明らかに脆くなっていますね」
監督「わたしが目指すサッカーは、守備に注目するサッカーではない。攻撃的なスタイルを
       持ってして、観るものを魅了するサッカーを目指しているのであって、わたしに守備力を
       求めるのはおかしい」
記者「失点が多いとサポーターからも声が上がっていますが」
監督「失点が多く在ろうと、得点をより重ねて、勝ち点をきちんと拾っているので問題は無いは
       ずだ」
記者「攻撃的なサッカーを実践するための、守備の練習は...」
監督「何度も言うようにわたしは攻撃的なサッカーを好む。故に、守備練習をする時間が在る
       なら、攻撃練習に充てている」
記者「では其の攻撃的なサッカーを実践するための練習方法はどのように指導しておられます
      か?」
監督「攻撃において重要なのは何か?それは選手一人一人が自主的な判断で局面を把握し
      て行動する。そのようなスタイルがわたしの望むスタイルな訳で、そのようなスタイルを
      モノにするためには、多くの実践を積むしか方法が無い」


ってな感じかしらね〜
こんな事言っちゃうなんてね〜
守備の練習はしていない、攻撃は選手に任せてるって
こんなの監督とは言えないし、こんな事言っちゃったら叩かれるのは当たり前だって言うね〜(大笑

しかもこの監督、写真は掲載されてないけれど、名門「フェネルバフチェ」の監督って書いて在るわね!
名門監督が笑っちゃうわよね〜(大笑
ほほほほほ〜〜〜〜〜〜!!!ん?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかく、わたしはマスコミは大っ嫌い!
マスコミが言う事なんてあてにしちゃいけないわよ!
ね、中田ヒデも良く言ってたじゃないの!ね!?

・・・・・・・・今日のこの事は、あんた達の記憶から消えるのよ!

わたしが手をパチンと叩いたら、あなたたちの今日の記憶は綺麗さっぱりなくなるのよ!

「パチン!!!」

さて、また次回、近々お会いしましょうね〜
[PR]
by trequartista5 | 2006-09-28 18:01 | おす!俺 元代表監督!