カテゴリ:映画の小窓( 94 )

ポストマン・ブルース

この作品までは、不条理+笑いって感じでしたが
このポストマンブルースは不条理ながらも少し悲しみも+。
で、いつもの通り「巻き込まれ系」って約束は守られてる。
観た後に少し腰が重たくなる作品。

個人的にSABU監督作の中で一番好きだし、邦画の中でもトップクラスに位置します.
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:57 | 映画の小窓

グラン・ブルー

暖かくも、blue。。。
マンマのパスタ、激しく食いたくなります。

言うまでもなくの名作です.
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:54 | 映画の小窓

バーバーショップ

日本人でも基本的には一緒でしょ!?。
ってな感じの全国の髪切り屋必見。
商売ってこう言う感じでしょうね。
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:52 | 映画の小窓

スパニッシュ・アパートメント

こう言う皆でシェア的な事って島国日本ではまれにしか体感出来ない事をこの映画で少しは感じる事が出来た。
で、クラブ行ってラリってはちゃめちゃってのは笑けた。
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:50 | 映画の小窓

N.Y.式ハッピー・セラピー

ニコルソンの演技がまたも妙な(w
こっそりウディ・ハレルソンが出演してますが...始めから気が付く人はいないと思う。
ほっこり観たい時に観るには秀逸かな。
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:50 | 映画の小窓

疾走

なにも予備知識無く観たけれど(SABU監督作って以外)

生きるって 運命って 宿命って。。。

SABUの得意の巻き込まれ系では在る。
が、シリアス。
が、巧い魅せ方で退屈は皆無。
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:48 | 映画の小窓

スクールデイズ

予備知識無しで観て、前半は「コメディ?」と
中盤は「社会派サイコドラマ?」と
終わりは...
狙い所が解らん!てのが最近の邦画の流れのように感じるし
この作品もそうかとも思うけれど、そんな「色々と捉えられる」ってのも邦画の魅力かと。
いとうまいこが良い感じ。
けど、この作品、立派な社会派だとか個人的には。
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:47 | 映画の小窓

Vフォー・ヴェンデッタ

マトリックスに続いて現代社会への警鐘を鳴らす事は忘れず
笑いのセンスも加味、されど台詞の言葉がそれぞれ重要でいて、シェイクスピアから引用してたりして品もある。
社会主義とかってか、全ての先進国への危惧を巧くメッセージに託してるってかモロに解るよなー
けど、マジで今の世の中も同じやない?
そして、僕らはどうするのか?
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:44 | 映画の小窓

ジョゼと虎と魚たち

幸せと残酷と健常者と障害者
どちらが傷をより背負って生きるのか?
どちらが傷を背負わせたのか?
そもそも傷など付いていたのか?
涙を流せば、彼の気は済むのか?
絶頂から、孤独に落とされたジョゼは
今日も台所で魚を焼く。。。
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:19 | 映画の小窓

茶の味

子供の頃の不思議な世界観、青年期の頃の恋心、大人になっての故郷と生活、で、家族。
摩訶不思議な演出は不必要なものではない。
いつもの日常の風景が、少し変わった時に何を感じる?
[PR]
by trequartista5 | 2011-01-16 20:18 | 映画の小窓