まあ、色々在るわな〜。

え〜、ちょっと色々在って更新出来ませんでしたけれどね。。。

色々の大きなのは
「父、緊急手術」。

これはやっぱし少々参った。。。
此処数年、実はもう3回手術してたんですけど
今回で4回目。
4回目は「小脳の一部摘出」。
でも父は立派に耐えた。
とは言え、やっぱし弱っては来るから
病院でも「飯がまずい!」とか愚痴、文句が増えて来てる。
家に居てる時も「しんどい」話の連発。
それも本当に仕方の無い事だと思う。
でも、やっぱし僕も「いつもいつも文句やしんどいやらは」って事で、優しく出来ない時も在って
そう言う時には「優しく出来ない自分」が嫌になる。
自分の弱さが嫌になる。
けれど、やっぱし、店の事とか色々な事を考えて行かないといけないから
今後は「優しく出来なくても仕方が無い時も在る」って事で、それはそれで仕方が無い
とも思うように考え方を変えた。

んで、店に朝出勤すると、またも店の一部がどっかの馬鹿に壊されてた。
「超むかつく!!!」ってのと
「なんでこんな時にこんな事がぁ〜」
ってのでちょっと参った。
けど、こう言う事も「生きてたらタイミングが重なる時も在る」ってんで
自分の中の凹みは軽減した。
そういう感じに「割り切れた」「開き直った」のきっかけは....
「やっぱり人の暖かみ」だった。
勿論、「人の暖かみ」だけでは駄目。
自分自身、どんな事が在っても挫けてもいけない。
でも、お客さんは普通に来てくれるし、お見舞いや、励ましもあったりで
やっぱし、凄くありがたいと思った。
今回の「店少々破壊」は「頭に来まくった」ってのも在るけれど、馬鹿は今後も増えるとも思うから、自分で何とか「怒りに支配されない」ようにならないといけないなとか。
まあ、今後、早急に「監視カメラと録画デッキ」を装備したりして、防衛&その後対策して行く事にして。
って事考えてたら「タイトル」のような心境になった(笑。

今後も父は良くなる事は無いだろうし、店も今後も馬鹿に荒らされる事も在るかも知れないけれど、自分自身、無理する事は...出来ない性分なようなので(笑)無理無く、適度にやっていこうと思ったりした。

だがしか〜し!
今回の事で調査にやって来た警官の対応の悪い事悪い事。。。

「初めの担当ではないので、解らない」だとか
「お金のかかる事を、おたくさんがしてくれなきゃ仕方がない」だとかね〜。
そう考えたら前の時の警官は優良なのだと思ったな。
「最近は本当に物騒になってますから、人に怪我がなかっただけでも良かったって考えて、負けずに頑張ってください。出来るだけ、街からこう言う事が無くなるようにパトロールも気をつけますから」な〜んて事を言ってくれたりしたもんな〜。
まあ、結果繰り返されたのだけれど、言葉の一つで全然印象が違うモンだからな。

人ってやっぱし、心にゆとり持たないと駄目だ。
ゆとり持てない世の中で、どうやってゆとり持つのか考えて行かないと。
とは言え、こんなに色々世知辛い世の中だから、逆に「ゆとり持てたら運が良い!」ってな感じなのかな。

そう言う事書いてると「その気持ちのない警官も、いくらやっても減らない犯罪を警官の責任にされてゆとりがない」って事も在るのかな〜
な〜んて考えたりもするけれど、その後の調査の報告も無いし、電話して問うてみよう(笑。

以上、今日はこんな感じで。

今度の書き込みは「WC関係」が書ければ良いな〜。
[PR]
by trequartista5 | 2006-05-28 12:52 | 徒然
<< ドイツ戦 人のパクリでご挨拶 >>