京都って 事変 生でも 厳しけり

期待と緊張とが入り交じった感覚を持って、チケットに印字された席に向かう。
2階の.....席に到着すると.....恐い!やっぱし2階で、元々がクラシックとかのためのホールなもんで、傾斜が凄くて立ち上がると落ちそうで恐い!。
思い出した!昔中学くらいの頃に学校の催しで2階席座った事が在ったけれど、確かその時も落ちそうで恐かった。
前の日記にも書いたけれど、在る意味、通路側の最後尾列で正解やった!。
席の後ろに回ると恐くなかったから。

客電が落ちる。。。
「雪国」のイントロが響く。。。
ついに登場、嗚呼、はじめまして、ようこそおこしやす 京都へ。。。
白無垢に身を包んだその女性は圧倒的な声楽をもってして。。。
曲が終わる。。。
観客の緊張感が解る。けれど、拍手も叫びも、間があく。
我、叫ぶ、次の瞬間、拍手と叫び声がドサ〜っと。

正直、その後の記憶は凄く曖昧。
曲も何となくしか覚えてない。。。
圧倒的な演奏力!
生で聴くとよりヤバさが解るドラム
うねって走るベース
繊細かつ大胆にフレーズを紡ぐギター
ジャズテイスト満点のシンセ
そして、感情で飛んで来るヴォーカル

途中でメンバー全員がダンスとかしてて、それはそれでかわいらしくって笑った。

前半から中盤までは、正直1階席の前の方のノリが酷すぎ。
ベースの亀田が前に出て観客を煽ろうとするも、最前列の客でさえ「観てるだけ」。。。
その後の演奏を観ていたら、ベースとギターはなんかバツが悪そうに下向いて弾いてた。
その後のレスポンスも悪かった。

MCが入る
「京都会館の天上に付いてるお皿の様なものは?」との問いに刹那の沈黙。
「音響!」って叫ぶ、、、俺(大笑。
その後1階の方から「音響」と誰かが叫ぶ。
感心する林檎様。
ホンマに解らんのかな?話のとっかかり?とか考えた。
京都のラーメン屋「新福会館」の本店に行って来たとキーボード。
☆はいくつ?と問うと観客が「☆三つ」
「満点は☆いくつ?」と問う姫
刹那沈黙
「5!」と叫ぶ...俺(大笑。

中盤に向かう
衣装が変わったとかは正直、確認し、堪能するには小さすぎた林檎様。
されど、曲順もうろ覚えなれど、京都の人も少しずつ、シャイは晴れたかな?。
生で聴いた「喧嘩上等」はドラムに目を奪われ「歌舞伎」で完璧に飛ばされ
「御祭騒ぎ」なんかの時からライヴで良く在る「手を左右に揺らす」って動きを林檎氏が煽ってから観客席も...きっと安心して...ノリノリ!

その頃にはもう、通路にはみ出した僕は踊り倒していたのですけれどね
なんか動きがみんなと合わない(笑。
どーも皆とは手の動きが逆やった。
けれど、そんなんな〜んでもないってくらい、事変の音を堪能。
「スーパースター」 なんかは本当にしっとりと、情感豊かに歌い上げる林檎様。
「Dynamait」なんかはスッゲくカッチョ良い〜!!!

liveに行くと良く在りがちな錯覚。
林檎氏がなんかこっちの方たまにチラチラ気にしてくれていたような...妄想的錯覚w
でも、ホンマに席は林檎氏の表情とか観るには遠すぎたけれど
結果、スペースが多かったから警備員の兄ちゃんに警戒されながらも
楽しく聴き、動き、叫んで、、、
早く今回のツアーのライヴビデオが発売される事を願う。

終わってからは、本当にあんまり覚えてないって事に気が付いた(爆笑。

それにしても、京都ってホンマに、、、礼儀正しいって言うか。。。ノリ悪い。
クラブと同じくには考えてないんやけどね〜。
懲りずにまた、京都に来てもらえる事を。
[PR]
by trequartista5 | 2006-05-02 15:13 | 遊び
<< 記憶を呼び覚ませ〜!!!(大笑 今週は色々在った...ような気... >>